ダイエット茶人気ランキング|お茶で痩せるって本当?

ダイエット茶と言われているものは数多くあります。
お茶の種類だけでも本当にいろいろです。
代表的なものとして杜仲茶やマテ茶、プーアル茶、ごぼう茶などがあります。
それぞれ成分も違いますし、特徴も少し違ってきます。
さらに、プーアル茶でもさらもいろいろなお茶が出ていますし本当に迷ってしまうところです。
ではどれが良いの?という話になってくると思います。
そこで様々なダイエット茶を比較して紹介したいと思います。

当サイトはこんな方に読んでもらいたい

・どのダイエット茶が良いのかわからない方
・ダイエット茶の効果ってどうなのって思っていますから
・おすすめのダイエット茶を探している方

ダイエット茶で本当にダイエットできるのか

皆様も感じているとは思いますがダイエット茶といわれているお茶をを飲んだからといって必ず痩せるわけではありませんね。
おそらくそう思っている方は多いでしょう。
よく「1ヶ月で〇〇キロ痩せた」とか「短期間で-5キロ減」などと書かれていたりしますが、これはダイエット茶を飲んだだけでなく、運動やその他の食事管理なども行っていたと考えるべきです。
ですからしっかり生活習慣を見直して改善してそこにダイエット茶でサポートするということです。

 

ダイエット茶もいろいろあって何でも同じ効果が期待できるわけではありません。
ダイエット茶には燃焼サポートや脂肪分解、脂肪の吸収を抑える向けのお茶お通じを良くするために作られているお茶とがあります。
ですからどちらかのお茶を飲むのかでその効果も変わってくると思います。

 

たとえばお通じをよくして便秘解消したいという方はスッキリ系のお茶を飲めばよいとは思いますが、
脂肪燃焼させて脂肪を落としたいという方であれば単純にお茶を飲むだけで痩せるのはなかなか難しいかもしれません。
後者はやはり、基本は運動をしたり、カロリーを摂りすぎの人はカロリーを抑えることを平行して行うのが良いと思います。
特に食事の前や運動前に脂肪燃焼系のダイエット茶を飲んでサポートする飲み方が良いのではないでしょうか。
このように運動や食事が基本で、そこにダイエット茶を利用することでダイエットの促進させる利用方法がよいのではないかと考えています。
そういったことを踏まえてのダイエット茶選びです。

ダイエット茶の選び方

では具体的なダイエット茶の選び方です。

脂肪燃焼向け便秘解消向けか

上でも少し書きましたが脂肪燃焼向け便秘解消向けのどちらかに分かれると思います。

などでしょうか。

成分

成分もいろいろ配合されていてキャンドルブッシュなどは摂りすぎると下痢になる可能性があるので摂りすぎには注意が必要です。
お茶の成分と効果を理解して選ぶのも大事ですがなかなかそこまではできませんので公式サイトを確認してどういったお茶なのかチェックすると良いと思います。

価格

配合されている成分も違えば当然価格もダイエット茶によって違います。
通常価格より定期コースの方が安くはなりますが3ヶ月継続しないといけないという条件があるものもありますのでチェックしてみてください。
ただ、全額返金保証があったり、特典がある商品もあります。
通常価格より定期コース3ヶ月くらい続けた方がかなりお得だったりもしますし、
脂肪燃焼を考えているのであれば数ヶ月継続することが大事だとは思います。

 

あとはまずはお試しセットがある商品もあるのでそちらを利用してみると良いのではないでしょうか。

お試しダイエット茶比較

ダイエット茶に分類されているお茶の多くがお試しセットがあるのでまずはそれを利用してみるのが良いのではないでしょうか。

商品名 価格・容量 詳細
ダイエットプーアール茶 モニター500円・約8日間分 詳細
メタボメ茶 お試しセット初めての方限定970円・12日分 詳細
あじかん ごぼう茶 特別お試しサイズ600円・7包入 詳細
デルバラスリムビューティ お試し500円(税込)・5日間 詳細

※価格、容量等変更されている可能性があるので公式サイトで確認お願いいたします。

それではおすすめするダイエット茶を紹介したいと思います。

ダイエット茶比較

ダイエットプーアール茶

ダイエットプーアール茶はティーライフが提供するダイエット茶です。
ティーライフといえば様々な通販商品を販売している知名度のある会社でご存知の方も多いのではないでしょうか。
ダイエットプーアール茶も人気になっているダイエット茶です。
ダイエットプーアール茶のポイントは重合カテキンが多く含まれているところです。
味も香りもマイルドで取り入れやすいと思います。
他にはカロリーゼロもポイントです。
500円モニターがあるので利用しやすいのではないでしょうか。
終了している可能性もあるので公式サイトで確認お願いします。

 

 

ポイント

カロリー・砂糖・脂質・合成香料・保存料がゼロ
注目成分重合カテキン配合
ティーライフが提供

商品概要

価格:500円モニター
容量:約8日間分

公式サイトで確認⇒ダイエットプーアール茶

 

あじかん ごぼう茶

あじかんのごぼう茶 焙煎ごぼう茶は南雲先生監修というところが一番に挙げられるのではないでしょうか。
南雲先生がテレビ番組でごぼう茶について紹介してからごぼう茶の反響も大きくなりました。
その南雲先生が監修ということで人気にもなっています。
実際、15万人、40万袋を突破している実績があります。
ごぼうにもこだわりがあり、山崎農園産ごぼう100%使用で保存料・着色料不使用もポイントです。
公式サイトでは体重計が気になる方、朝スッキリしたい方とも書かれているのでここで紹介させていただくことにしました。
特別お試しサイズもあるので利用しやすいのではないでしょうか。

 

ポイント

南雲先生監修
15万人、40万袋を突破の実績
山崎農園産ごぼう100%使用で保存料・着色料不使用

商品概要

価格:特別お試しサイズ600円
容量:7包入

公式サイトで確認⇒あじかん ごぼう茶

 

メタボメ茶

メタボメ茶はダイエットプーアール茶で有名なティーライフが販売しています。
こちらのダイエット茶も実績があり人気になっています。
商品名でわかる通りメタボというところにポイントを置いています。
ダイエットプーアール茶、烏龍茶、杜仲茶に黒豆が配合されておりそれ以外は使用されていません。
実際飲んでみましたが飲みやすいですしご飯と一緒に食べても良いでしょうし、運動時にも良いのではないでしょうか。
お試しセットもありますし利用しやすいと思います。

 

ポイント

ダイエットプーアール茶、烏龍茶、杜仲茶に黒豆を配合
飲みやすさへのこだわり
カロリー糖質脂質ゼロ
ティーライフが提供

商品概要

12日分お試しセット:通常価格1,179円⇒初めての方限定970円(税込)
30日分+12日分セット:3,9299円⇒初めての方限定2,592円(税込)
定期コース:通常セット価格5,225円⇒特別セット価格2,612円(税込)※3回継続条件

公式サイトで確認⇒メタボメ茶

 

飲まなく茶

飲まなく茶は安全性と品質にこだわった天然植物100%のダイエット茶です。
2012年モンドセレクション銀賞受賞し、これまで累計販売175万箱突破の実績も人気も高いお茶です。
175万箱はすごいですね。
包ではなく箱ですからかなりすごいです。
ポイントは多くあります。
カロリーゼロ、砂糖ゼロ、脂質ゼロ、100%植物成分というところです。
ダイエットに利用するには大事なポイントですね。
配合成分はプーアル茶、烏龍茶、ローズ、エビス草の実などが使われています。

 

ポイント

カロリーゼロ・砂糖ゼロ・脂質ゼロ・100%植物成分
累計販売175万箱
2012年モンドセレクション銀賞受賞

商品概要

価格:通常価格3,380円初回限定1,000円(税込)送料無料
容量:30包入り

 

五葉茶

五葉茶は楽天ランキングの総合・ダイエット部門で1位を獲得したりと、これまで販売実績600万包突破の人気のお茶です。
口コミ等を見てみると良い声もちらほらありますが、お腹スッキリという声が多いです。
では五葉茶とはどういったお茶なのでしょうか。
杜仲茶やカッシア・アラタどくだみ、高麗人参、はと麦、この5つの成分をメインにそのほかにもダイエットをサポートする成分を豊富に配合しているのがポイントです。
配合されている成分をいてみるとサポニンが含まれている高麗人参などがメインに配合されていますね。
いくつかの成分を配合することで様々な角度からアプローチするというお茶だと思います。

 

ポイント

杜仲茶やカッシア・アラタどくだみ、高麗人参、はと麦、この5つの成分
楽天ランキングの総合・ダイエット部門で1位を獲得
販売実績600万包突破

商品概要

価格:通常価格5,000円WEB限定初回購入割引3,990円(税込)送料無料
容量:30包入り

 

五葉茶は楽天でもいろいろな会社が販売していますが、ちょっと見てみると初回の方は公式サイトで購入するほうが安いかもしれません。
一度見てみるとよいと思います。

ダイエット茶で下痢になるのか?

ダイエット茶を飲んでみたいけど下痢になると聞いたことがあるし迷っている方も多いのではないでしょうか。
すでに飲んでみて下痢になって悩んでいる方もいるでしょう。
ただ、下痢にならない人もいますし実際どうなのか気になると思います。
そこでいろいろ紹介していきます。

ダイエット茶の商品(種類)の違い

ダイエット茶と言われているものでも使われている成分はお茶によって違います。
当サイトで紹介しているものでも様々な成分がありますし、それらが複数配合されているものもあります。

 

たとえばダイエットプーアール茶は脂肪燃焼のサポートを意識していると言えると思います。
私が調べたところですがこのお茶自体は下痢になったとという声はあまり見かけませんでした。
ただ、プーアール茶でも下痢になる可能性は考えられます。

 

当サイトでも紹介しているスッキリというところがポイントのお茶では下痢になるという声もいくつか見かけました。
これは配合成分や飲みすぎなどで個人差があると思います。

 

ですからダイエットしたいと考えていてダイエット茶を飲みたいと思っている方は脂肪燃焼系のお茶なのかスッキリ系のお茶なのかを判断してスッキリ系だと下痢になる可能性が高いのかなと思います。

成分

そして、その配合されている成分を見ていくのも大事です。
その配合されている成分の中に下痢になりやすいお茶もあります。
当サイトでも紹介しているいくつかの商品の中にも含まれているのですが、下痢になりやすい成分としてキャンドルブッシュがあります。
この成分は便秘で困っている方向けの商品に結構配合されています。
それだけ効果が期待できるようですが、あまり飲み過ぎると人によっては下痢になる可能性があります。

 

国民生活センターでもキャンドルブッシュを含む健康茶で下剤成分(センノシド)を含むため過剰摂取に注意と公表されています。
センノシドは元々便秘薬にも配合されている成分なので悪いというより過剰摂取が良くないわけです。
ですから適正な量を摂取するようにしましょう。
ただ、妊娠している人など他にも副作用の可能性も言われているので注意が必要です。

 

ちなみに他にもドクダミ、アロエエモジン、難消化性デキストリンなど下痢に関係している成分は他にもあり配合されているお茶も多いです。

下痢になる人とならない人の違い

ここで同じお茶を同じだけ飲んでも下痢になる人とならない人がいます。
これは当然その方も食生活などの生活習慣や腸内環境などの違いが関係していると思います。
ですからある人が下痢になったからあなたがなるとも限りませんし、ほとんど下痢になっていないからといってあなたがならないかもわかりません。

 

まずは間隔をあけてお茶の量も抑え目にして摂取するのが良いのではないでしょうか。

市販のお茶でダイエットできるのか?

まずダイエット茶と言われているものを飲んだからといって必ずダイエットできるわけではありません。
お茶や飲み方、個人差もあります。

 

では市販のお茶ではどうなのでしょうか。
やはりまず見るのは何茶なのかでしょうか。

 

緑茶、烏龍茶、黒豆茶など様々なお茶があります。
それぞれ配合されている成分が違いますのでそれらがどういった効果があるのかを見ていきます。
緑茶といえばカテキン(ポリフェノール)、烏龍茶はポリフェノール、黒豆茶はイソフラボンやアントシアニンなどが豊富に含まれています。
こういった配合されている成分がダイエットにも間接的に関係していると言われているわけです。
たとえばポリフェノールは抗酸化作用や脂肪燃焼などの効果が期待できると言われていますね。

 

ですから効果はあるのかもしれませんが、その成分の配合量なども関係しているとも考えられます。
市販のお茶は別にダイエット目的で作られていませんし、効果というところでは期待するのは違うかなと思います。
それだったらまだトクホのお茶が良いのではないでしょうか。

 

あとはお茶の飲み方もあります。
ちなみに当サイトで紹介しているダイエット茶でも燃焼系のお茶とスッキリ系のお茶があります。
たとえば当サイトで紹介しているダイエットプーアール茶は燃焼系のお茶なのですが、公式サイトでは入浴や軽い運動前後に飲むと良いと書かれています。
このようにお茶を飲むタイミングでも変わってくるといえるのではないでしょうか。

トクホのお茶でダイエットってどうなの?

トクホのお茶がいくつか出てきていますがこれが人気になっています。
トクホという言葉をよく聞くとは思いますが、ではこのトクホとはどういったものなのでしょうか。

トクホとは

トクホとは特定保健用食品の略で健康に役立つことや安全性などが科学的に証明され、消費者庁に認められた商品です。
認められるには長い時間と費用がかかり、認められたものは安全で効果が期待できると言えるのではないでしょうか。

トクホとトクホでないお茶の違い

まずトクホは長い時間と費用をかけて安全性や効果を国に証明されて初めてトクホとして認められるわけです。
それに比べてトクホでないお茶はそういった国の証明が得られていないわけです。
ですからトクホのお茶は効果効能を表示できますが、そうでない商品は効果効能をストレートに書く事ができません。

 

ではトクホのお茶のほうが絶対に良いというわけではありません。
トクホを取得するためにかかる費用はかなりのもので、大企業はそういった費用をねん出ができますが、中小零細企業で良い商品を出していても費用がなくトクホの審査費用を出すことができないところも多いです。
ですから国から認められていなくても企業レベルで効果や安全性の研究を進めていて高品質の商品もあります。

トクホかどうかの見分け方

ではどれがトクホの商品かどうかの見分け方はどうしたらよいのでしょうか。
これは簡単でトクホかどうかは書かれているのでみればわかります。
トクホ認定マークが書かれているのでそれでわかると思います。

トクホのお茶でダイエットって

トクホは国が認めたもので脂肪がつきにくいとか実際に効果があるものですからあるとは思います。
当然個人差があり見た目など変化のない人もいるでしょうが国が認めているということが証明になるのではないでしょうか。

トクホのお茶を紹介

トクホのお茶といっても数多くあります。
トクホの商品として認められるには多額の費用と時間がかかるので大手のお茶ばかりです。
それでは有名なトクホのお茶を紹介していきたいと思います。

カテキン緑茶 (伊藤園)

伊藤園のカテキン緑茶です。
商品のキャッチコピーは脂肪がつきにくい、LDL(悪玉)コレステロールを減らすというところです。
ですから脂肪をつきにくくしたい、体脂肪が気になる方やLDL(悪玉)コレステロールを減らしたい方向けでしょう。

 

成分でみると茶カテキンがポイントで、これが食事の脂肪吸収を抑えるてLDL(悪玉)コレステロールを減らすということなんです。

伊右衛門 特茶(サントリー)

サントリーの伊右衛門 特茶です。
キャッチコピーは体脂肪を減らすです。

 

成分で言うとカテキンが含まれているとことと、ポリフェノールのケルセチン配糖体が含まれており、これが脂肪分解酵素を活性化する働きがあるということなんです。

食事と一緒に十六茶W

アサヒの食事と一緒に十六茶Wです。
商品のキャッチコピーは食後の中性脂肪、血糖値が気になる方です。
一本で食事の脂肪と糖に働くということです。
あとはカフェインゼロというのもポイントでしょうか。

 

成分で言うと食物繊維(難消化性デキストリン)で食後の糖の吸収と食後の血中中性脂肪の上昇をおだやかにしてくれます。
食後高血糖など気になる方には良いと思います。

 

ダイエットというとちょっと違うのかなと思いますが難消化性デキストリンはスッキリに関係していて取りすぎると下痢になる可能性があるということですね。

からだすこやか茶W

コカ・コーラのからだすこやか茶Wです。
商品のキャッチコピーは脂肪の吸収を抑える、糖の吸収をおだやかにするです。

 

成分でみると食物繊維(難消化性デキストリン)がポイントでこれが中性脂肪の上昇と血糖値の上昇を抑制してくれます。

黒烏龍茶

サントリーの黒烏龍茶です。
商品のキャッチコピーは脂肪の吸収を抑えて体に脂肪がつきにくいです。

 

成分でみると烏龍茶重合ポリフェノールの働きで脂肪の吸収を抑えて、飲み続けると体に脂肪がつきにくくなるということです。

ヘルシア緑茶

花王のヘルシア緑茶です。
商品のキャッチコピーは体脂肪が気になる方に脂肪を消費しやすくするです。

 

成分をみると高濃度茶カテキンが食事の脂肪の燃焼効果、日常活動時の脂肪燃焼効果が上がるということなんです。

胡麻麦茶

サントリーの胡麻麦茶です。
商品のキャッチコピーは血圧高めの方にです。

 

成分をみると胡麻麦茶の胡麻ペプチドが血圧低下が認められています。

 

ダイエットとはあまり関係がないお茶のようです。

まとめ

こういったところが知名度があり人気のお茶です。
ダイエットに関係ないお茶もありますが紹介してみました。
ですが成分や効果など似ているお茶もあります。

 

またトクホでないお茶にもこういった成分が配合されているものもありますのでそういったものも含めて比較してみると良いのではないでしょうか。

ダイエット茶は安全なのか?危険なのか?

ダイエット茶に話を戻しましてダイエット茶は危険と言われたりもしますがこれはなぜなのでしょうか。
調べればすぐにわかるのですが下剤作用のある成分が配合されていることが大きいのではないでしょうか。

 

上でも少し書きましたがダイエット茶を二つにわけることが出来ると思います。
脂肪燃焼系のお茶か便秘解消系のお茶の2つです。
そして、危険といわれているのが便秘解消系で、キャンドルブッシュなどの下剤成分(センノシド)が配合されているダイエット茶です。
このキャンドルブッシュなどは下剤作用があるので摂りすぎると下痢になる可能性があるからでしょう。

 

下痢になるのかどうかに関してはこちらのダイエット茶で下痢になるのか?を見ていただければと思います。
国民生活センターでも飲みすぎには要注意ということが書かれています。

 

ここでコーラックなど下剤を飲んでいる方もいると思います。
そのことを考えると下剤をやめてこういった便秘解消系のダイエット茶を飲むのは別それほど問題でもないと思うかもしれません。
むしろその方が良いのではと思うかもしれません。

 

ですが脂肪燃焼させてダイエットがしたい、便秘でもない方が摂取するのは良くないと思います。
便秘でもないし健康なのに下剤作用のあるお茶をいっぱい飲むのは良いとは言えません。
それに下痢になる可能性がありますから危険と言われても仕方ないですね。

 

あとはどれくらい飲むのが良いのかしっかり書かれていないお茶があったりするのでそれは困りますね。
下剤作用のあるお茶を飲むのであれば自分に適正な飲む量を考えないといけません。

 

もし下剤作用のある成分が嫌というのであればキャンドルブッシュなどが配合されていないダイエット茶を選ぶと良いと思います。
たとえばあじかん ごぼう茶などはどうでしょうか。
原材料名にはごぼう(茨城県産)としか書かれていないので他のものは使われていないのかなと思います。
ごぼうは食物繊維も豊富ですし、ごぼうの原産地もわかっているので安心して利用できるのではないでしょうか。

ダイエット茶Q&A

ダイエット茶に関してよく寄せられる質問や気になるポイントなどをQ&A形式でご紹介しましょう。
ダイエットにはある程度の食事制限や運動が必要になりますが、そのような努力をサポートしてくれるダイエット茶を賢く利用するためにぜひ参考にしてくださいね。

 

Q ダイエット茶に含まれているキャンドルブッシュは安全なの!?

 

A ダイエット茶には、ダイエットをサポートしてくれる働きがあるさまざまな種類の茶葉が配合されています。
  多くのメーカーからダイエット茶が販売されているのでそれぞれに配合されている茶葉の種類も異なりますが、キャンドルブッシュは多くのダイエット茶に含まれています。
  カッシアアラタやゴールデンキャンドルとも言われていますので、ダイエット茶の成分表示を確かめてみてくださいね。
  キャンドルブッシュのダイエット茶には主にデトックス効果が期待できるのですが、中にはキャンドルブッシュは危険という声も聞かれます。
  キャンドルブッシュ入りのダイエット茶で腹痛や下痢、嘔吐などの副作用を訴える人が多くいるために、キャンドルブッシュは非常に危険な成分だと思っている人も多いようです。
  確かにキャンドルブッシュには、下剤にも使用されているセンノシドという成分が含まれています。
  刺激性の下剤のために、大量に摂取した場合には先ほどの腹痛や下痢、嘔吐といった症状が起こる人もいます。
  キャンドルブッシュ入りのダイエット茶も同様に、大量に飲んだ場合には副作用が起こる危険があります。
  妊婦さんが飲めば早産や流産の危険もあるということで、センノシドやキャンドルブッシュにとても怖いイメージを持っている人もいるでしょう。
  確かに一度にたくさん飲んだり長く続けて飲めば、副作用の危険がありますし腸の働きが低下して便秘がさらに悪化してしまます。
  ただ、センノシドは従来の下剤よりも比較的、安全性が高いとも言われています。
  キャンドルブッシュ入りのダイエット茶でも1日の摂取目安を守って賢く利用することでお腹のスッキリやダイエットに役立ってくれるでしょう。

 

Q ダイエット茶にはどんな効果が期待できるの?

 

A ダイエット茶と一口に言っても、いくつかのタイプに分けることができます。
  脂肪や糖質が吸収されるのを抑制してダイエットをサポートするタイプのダイエット茶や、脂肪燃焼を促進してダイエットをサポートするタイプ、そしてデトックス効果の高いダイエット茶があります。
  プーアール茶やウーロン茶、杜仲茶などには脂肪の吸収を抑制してくれる働きがあります。
  油っこい食べ物が好きな方には、これらのお茶が含まれたダイエット茶がおすすめです。  
  中華料理やてんぷら、焼肉など、外食には油っこい食べ物が多いので、外食をする機会が多い方にもおすすめです。 
  血糖値が気になる方や甘いものが好きな方には、糖質の吸収を抑制する働きがあるギムネマ茶やゴーヤ茶、桑の葉茶などがブレンドされたダイエット茶がおすすめです。
  甘いものを食べる時にこれらの糖質カットのダイエット茶が強い味方になってくれることでしょう。
  脂肪燃焼を促進してくれるのは、カフェインやカテキンが豊富な緑茶や紅茶、ウーロン茶、ゴボウ茶などです。
  運動前にはこれらの茶葉がブレンドされたダイエット茶を飲むことで、運動と茶葉との相乗効果で脂肪燃焼もより期待できるでしょう。
  デトックス効果の高いダイエット茶には、キャンドルブッシュやドクダミ茶、たんぽぽ茶、ゴボウ茶などがブレンドされています。  
  便秘がちな人やむくみや冷えが気になっている人は、これらのデトックス系のダイエット茶が役立ちます。
  このように同じダイエット茶でも商品によって期待出来る効果がかなり違うので、自分の目的や体質にもあったものを選ぶことが大切です。

 

Q ダイエット茶を飲むタイミングはいつがベスト!?

 

A ダイエット茶を飲むタイミングは基本的にはいつ飲んでもオッケーなのですが、配合された茶葉の働きをより高めるための飲み方があります。
  例えば脂肪燃焼作用が期待されるウーロン茶や緑茶などのカフェイン入りのダイエット茶は運動前に飲むのが効果的です。
  体内に蓄積された脂肪はなかなかエネルギーとして燃焼しづらくなっています。
  蓄積された脂肪を燃焼させるためには、こつこつとジョギングやウォーキングなどの有酸素運動を続けることが大切です。
  カフェインには、溜まった脂肪を分解して燃焼しやすい形にしてくれる作用があるので、運動前に飲むことで有酸素運動の効率も良くなります。
  脂肪や糖質の吸収を抑制してくれるプーアール茶やウーロン茶、ギムネマ茶や桑の葉茶などは、食事と一緒に飲むのが良いでしょう。
  摂りすぎた脂肪や糖質の吸収をカットしてくれます。
  プーアール茶やウーロン茶、桑の葉茶にはポリフェノールの優れた抗酸化作用で脂肪の吸収を抑えてくれて体の外に排出してくれます。
  また食後の血糖値の上昇を穏やかにしてくれるので、糖分が脂肪として蓄積されるのを予防してくれる効果も期待できます。
  デトックス系のダイエット茶は、朝一番に飲むのがおすすめです。
  朝は排出の時間なので、茶葉によるデトックス作用もより期待できます。

 

ダイエット茶を選ぶ際には、どんな茶葉が含まれていてどのような働きがあるのかをチェックしてみて下さいね。
飲むタイミングにも注意して、よりスムーズにダイエットが成功出来るようダイエット茶を活用しましょう。