ダイエット茶 人気 ランキング おすすめ

人気ダイエット茶ランキング|ほんとにおすすめなのはどれなのか?

ダイエット茶と言われているものは数多くあります。
お茶の種類だけでも本当にいろいろあります。
代表的なものとして杜仲茶やマテ茶、プーアル茶、ごぼう茶などがあります。
それぞれ成分も違いますし、特徴も少し違ってきます。
さらに、それぞれのお茶でもいろいろな商品が出ていますし本当に迷ってしまうところです。
そこでそれらのお茶の成分や特徴、おすすめのお茶を紹介したいと思います。

ダイエット茶で本当にダイエットできるのか

私はダイエット茶といわれているお茶をを飲んだからといって必ず痩せるということではないと思っています。
おそらくそう思っている方は多いと思います。
ではなぜダイエット茶を飲むのでしょうか。
ダイエット茶には燃焼サポートや脂肪分解、脂肪の吸収を抑えるなどがいわれています。
ですからそういいったところでダイエット茶を飲んでいるという方がいるのではないでしょうか。
やはり、基本は運動をしたり、カロリーを摂りすぎの人はカロリーを抑えるということを基本にやっていくことが大事だと思います。
そこに、食事の前にダイエット茶を飲んでサポートするという使い方が良いのではないでしょうか。
他には燃焼サポートのお茶なら運動前後に飲むなどして工夫することで痩せやすくなるという考え方です。
このように基本は運動であったり食事というとこがあって、
ダイエット茶を利用することでダイエットの促進させるという利用方法がよいのではないかと考えています。

お試し商品比較

ダイエット茶に分類されている商品の多くがお試しセットがあるのでまずはそれを利用してみるのが良いのではないでしょうか。

商品名 価格・容量 詳細
ダイエットプーアール茶 モニター500円・約8日間分 詳細
あじかん ごぼう茶 特別お試しサイズ600円・7包入 詳細
ワンツースリムティー お試し500円(税別)・5包 詳細
デルバラスリムビューティ お試し500円(税込)・5日間 詳細
飲まなく茶 お試し1,058円(税込)・10包(3日分) 詳細

※価格、容量等変更されている可能性があるので公式サイトで確認お願いいたします。

ダイエット茶比較

ダイエットプーアール茶

ダイエットプーアール茶はティーライフが提供する商品です。
ティーライフといえば様々な通販商品を販売している知名度のある会社でご存知の方も多いのではないでしょうか。
ダイエットプーアール茶も人気になっている商品です。
この商品のポイントは重合カテキンという成分でこれが多く含まれています。
味も香りもマイルドで取り入れやすいということなんです。
他にはカロリーゼロというのもポイントです。
500円モニターがあるので利用しやすいのではないでしょうか。
終了している可能性もあるので公式サイトで確認お願いします。

 

 

ポイント

カロリー・砂糖・脂質・合成香料・保存料がゼロ
注目成分重合カテキン配合
ティーライフが提供

商品概要

価格:500円モニター
容量:約8日間分

公式サイトで確認⇒ダイエットプーアール茶

 

あじかん ごぼう茶

あじかんのごぼう茶、焙煎ごぼう茶は南雲先生監修というところが一番に挙げられるのではないでしょうか。
南雲先生がテレビ番組でごぼう茶について紹介してからごぼう茶の反響も大きくなりました。
その南雲先生が監修ということで人気にもなっています。
実際、15万人、40万袋を突破している実績があります。
ごぼうにもこだわりがあり、山崎農園産ごぼう100%使用で保存料・着色料不使用というのもポイントです。
公式サイトでは体重計が気になる方、朝スッキリしたい方ということも書かれているのでここで紹介させていただくことにしました。
特別お試しサイズもあるので利用しやすいのではないでしょうか。

 

ポイント

南雲先生監修
15万人、40万袋を突破の実績
山崎農園産ごぼう100%使用で保存料・着色料不使用

商品概要

価格:特別お試しサイズ600円
容量:7包入

公式サイトで確認⇒あじかん ごぼう茶

 

飲まなく茶

飲まなく茶は安全性と品質にこだわった天然植物100%のダイエット茶です。
2012年モンドセレクション銀賞受賞し、これまで累計販売175万箱突破の実績も人気も高い商品です。
175万箱はすごいですね。
包ではなく箱ですからかなりすごいです。
ポイントは多くあります。
カロリーゼロ、砂糖ゼロ、脂質ゼロ、100%植物成分というところです。
ダイエットに利用するには大事なポイントですね。
配合成分はプーアル茶、烏龍茶、ローズ、エビス草の実などが使われています。

 

ポイント

カロリーゼロ・砂糖ゼロ・脂質ゼロ・100%植物成分
累計販売175万箱
2012年モンドセレクション銀賞受賞

商品概要

価格:通常価格3,380円初回限定1,000円(税込)送料無料
容量:30包入り

公式サイトで確認⇒飲まなく茶

 

五葉茶

五葉茶は楽天ランキングの総合・ダイエット部門で1位を獲得したりと、これまで販売実績600万包突破の人気のお茶です。
口コミ等を見てみると良い声もちらほらありますが、お腹スッキリという声が多いです。
では五葉茶とはどういったお茶なのでしょうか。
杜仲茶やカッシア・アラタどくだみ、高麗人参、はと麦、この5つの成分をメインにそのほかにもダイエットをサポートする成分を豊富に配合しているというのがポイントです。
配合されている成分をいてみるとサポニンが含まれている高麗人参などがメインに配合されていますね。
いくつかの成分を配合することで様々な角度からアプローチするというお茶だと思います。

 

ポイント

杜仲茶やカッシア・アラタどくだみ、高麗人参、はと麦、この5つの成分
楽天ランキングの総合・ダイエット部門で1位を獲得
販売実績600万包突破

商品概要

価格:通常価格5,000円WEB限定初回購入割引3,990円(税込)送料無料
容量:30包入り

 

五葉茶は楽天でもいろいろな会社が販売していますが、ちょっと見てみると初回の方は公式サイトで購入するほうが安いかもしれません。
一度見てみるとよいと思います。

ダイエット茶で下痢になるのか?

ダイエット茶を飲んでみたいけど下痢になるということを聞いたことがあるし迷っている方も多いのではないでしょうか。
すでに飲んでみて下痢になって悩んでいる方もいると思います。
ただ、下痢にならない人もいますし実際どうなのかというところが気になると思います。
そこでいろいろ書いていきたいと思います。

ダイエット茶の商品(種類)の違い

ダイエット茶と言われているものでも使われている成分は商品によって違います。
当サイトで紹介しているものでも様々な成分がありますし、それらが複数配合されているものもあります。

 

たとえばダイエットプーアール茶は脂肪燃焼というところを意識しているということが言えると思います。
私が調べたところですがこの商品自体は下痢になったとという声はあまり見かけませんでした。
ただ、プーアール茶にはそういったこともありますので下痢になることは考えられます。

 

当サイトでも紹介しているスッキリというところがポイントの商品では下痢になるという声もいくつか見かけました。
これは配合成分や飲みすぎなど個人差があると思います。

 

ですからダイエットしたいと考えていてダイエット茶を飲みたいと思っている方は脂肪燃焼系なのかスッキリ系なのかというところを判断してスッキリ系だと下痢になる可能性が高いのかなと思います。

成分

そして、その配合されている成分を見ていくことも大事です。
その配合されている成分の中に下痢になりやすいものなどがあるということなんです。
当サイトでも紹介しているいくつかの商品の中にも含まれているのですが、下痢になりやすい成分としてキャンドルブッシュがあります。
この成分は便秘で困っている方向けの商品に結構配合されています。
それだけ効果が期待できるようですが、あまり飲み過ぎると人によっては下痢になるということなんです。
国民生活センターでもキャンドルブッシュを含む健康茶で下剤成分(センノシド)を含むため過剰摂取に注意と公表されています。
センノシドは元々便秘薬にも配合されている成分なので悪いというより過剰摂取が良くないということなんです。
適正な量を摂取することが大事です。
ただ、妊娠している人など他にも副作用の可能性も言われているので注意することが大事ですかね。

 

ちなみに他にもドクダミ、アロエエモジン、難消化性デキストリンなど下痢に関係している成分は他にもあり配合されている商品も多いです。

下痢になる人とならない人の違い

ここで同じ商品を同じだけ飲んでも下痢になる人とならない人がいます。
これは当然その方も食生活などの生活習慣や腸内環境などの違いが関係していると思います。
ですからある人が下痢になったからあなたがなるとも限りませんし、ほとんど下痢になっていないからといってあなたがならないかもわかりません。

 

まずは間隔をあけて量も抑え目にして摂取するのが良いのではないでしょうか。

市販のお茶でダイエットできるのか?

まずダイエット茶と言われているものを飲んだからといって必ずダイエットできるわけではありません。
商品や飲み方、個人差もあります。

 

では市販のものでということになるとどうなのでしょうか。
やはりまず見るのは何茶なのかでしょうか。

 

緑茶、烏龍茶、黒豆茶など様々なお茶があります。
それぞれ配合されている成分が違いますのでそれらがどういった効果があるのかというところを見ていきます。
緑茶といえばカテキン(ポリフェノール)、烏龍茶はポリフェノール、黒豆茶はイソフラボンやアントシアニンなどが豊富に含まれています。
こういった配合されている成分がダイエットにも間接的に関係しているということがいわれているわけです。
たとえばポリフェノールは抗酸化作用や脂肪燃焼などが期待できると言われていますね。

 

ですから効果はあるのかもしれませんが、その成分の配合量なども関係しているとも考えられます。
市販のお茶は別にダイエット目的で作られていませんし効果というところでは期待するのは違うかなと思います。
それだったらトクホのお茶が良いのではないでしょうか。

 

あとは飲み方もあります。
ちなみに当サイトで紹介している商品でも燃焼系のものとスッキリ系のものがあります。
たとえば当サイトで紹介しているダイエットプーアール茶は燃焼系なのですが、公式サイトでは入浴や軽い運動前後に飲むと良いと書かれています。
この飲むタイミングでも変わってくるといえるのではないでしょうか。

トクホのお茶でダイエットってどうなの?

トクホのお茶がいくつか出てきていますがこれが人気になっています。
トクホということをよく聞くとは思いますが、ではこのトクホとはどういったものなのでしょうか。

トクホとは

トクホとは特定保健用食品のことで健康役立つことや安全性などが科学的に証明され、消費者庁に認められた商品です。
これには長い時間と費用がかかるということで認められたものは安全で効果が期待できるということがいえるのではないでしょうか。

トクホとトクホでないお茶の違い

まずトクホは長い時間と費用をかけて安全性や効果を国に証明されて初めてトクホとして認められるわけです。
それに比べてトクホでないお茶はそういった国の証明が得られていないわけです。
ですからトクホの商品は効果効能を表示することができますが、そうでない商品は効果効能をストレートに書く事ができません。

 

ではトクホの商品のほうが絶対に良いということではありません。
トクホを取得するためにかかる費用はかなりのもので大企業はそういった費用を出すことができますが、中小零細企業で良い商品を出していても費用がなくトクホの審査費用を出すことができないところも多いようです。
ですから国から認められていなくても企業レベルで効果や安全性の研究を進めていて高品質の商品もあるということです。

トクホかどうかの見分け方

ではどれがトクホの商品かどうかの見分け方はどうしたらよいのでしょうか。
これは簡単でトクホかどうかは書かれているのでみればわかります。
トクホ認定マークが書かれているのでそれでわかると思います。

トクホのお茶でダイエットって

トクホは国が認めたもので脂肪がつきにくいとか実際に効果があるものですからあるとは思います。
当然個人差があり見た目など変化のない人もいるでしょうが国が認めているということが証明になるのではないでしょうか。

トクホのお茶を紹介

トクホのお茶といっても数多くあります。
多額の費用と時間がかかるので大手のお茶ばかりです。

カテキン緑茶 (伊藤園)

伊藤園のカテキン緑茶です。
商品のキャッチコピーは脂肪がつきにくい、LDL(悪玉)コレステロールを減らすというところです。
ですから脂肪をつきにくくしたい、体脂肪が気になる方やLDL(悪玉)コレステロールを減らしたいという方向けということになります。

 

成分でみると茶カテキンがポイントで、これが食事の脂肪吸収を抑えるということとLDL(悪玉)コレステロールを減らすということなんです。

伊右衛門 特茶(サントリー)

サントリーの伊右衛門 特茶です。
キャッチコピーは体脂肪を減らすです。

 

成分で言うとカテキンが含まれているということと、ポリフェノールのケルセチン配糖体が含まれており、これが脂肪分解酵素を活性化働きがあるということなんです。

食事と一緒に十六茶W

アサヒの食事と一緒に十六茶Wです。
商品のキャッチコピーは食後の中性脂肪、血糖値が気になる方です。
一本で食事の脂肪と糖に働くということです。
あとはカフェインゼロというのもポイントでしょうか。

 

成分で言うと食物繊維(難消化性デキストリン)で食後の糖の吸収と食後の血中中性脂肪の上昇をおだやかにするということなんです。

 

ダイエットというとちょっと違うのかなと思いますが難消化性デキストリンはスッキリに関係していて取りすぎると下痢になる可能性があるということですね。

からだすこやか茶W

コカ・コーラのからだすこやか茶Wです。
商品のキャッチコピーは脂肪の吸収を抑える、糖の吸収をおだやかにするです。

 

成分でみると食物繊維(難消化性デキストリン)がポイントでこれが中性脂肪の上昇と血糖値の上昇を抑制するということなんです。

黒烏龍茶

サントリーの黒烏龍茶です。
商品のキャッチコピーは脂肪の吸収を抑えて体に脂肪がつきにくいです。

 

成分でみると烏龍茶重合ポリフェノールの働きで脂肪の吸収を抑えて、飲み続けると体に脂肪がつきにくいということなんです。

ヘルシア緑茶

花王のヘルシア緑茶です。
商品のキャッチコピーは体脂肪が気になる方に脂肪を消費しやすくするです。

 

成分をみると高濃度茶カテキンが食事の脂肪の燃焼効果、日常活動時の脂肪燃焼効果が上がるということなんです。

胡麻麦茶

サントリーの胡麻麦茶です。
商品のキャッチコピーは血圧高めの方にです。

 

成分をみると胡麻麦茶の胡麻ペプチドが血圧低下が認められてということなんです。

 

ダイエットとはあまり関係がないお茶のようです。

まとめ

こういったところが知名度があり人気のお茶です。
ダイエットに関係ないお茶もありますが紹介してみました。
ですが成分や効果など似ている商品もあります。

 

またトクホでないお茶にもこういった成分が配合されているものもありますのでそういったものも含めて比較してみると良いのではないでしょうか。

ダイエット茶は安全なのか?危険なのか?

ダイエット茶は危険ということが言われていますがこれはなぜなのでしょうか。
調べればすぐにわかるのですが下剤作用のある成分が配合されているものがそう言われています。

 

ここでダイエット茶を二つにわけることが出来ると思います。
脂肪燃焼系か便秘解消系の2つです。
そして、危険といわれているのが便秘解消系で、キャンドルブッシュなどの下剤成分(センノシド)が配合されているダイエット茶です。
このキャンドルブッシュなどは下剤作用があるので下痢になる可能性があるということなんです。

 

下痢になるのかどうかに関してはこちらのダイエット茶で下痢になるのか?を見ていただければと思います。国民生活センターでも飲みすぎには要注意ということが書かれています。

 

ここでコーラックなど下剤を飲んでいる方もいると思います。
そのことを考えるとそれをそれをやめてこういった便秘解消系のダイエット茶を飲むということは別それほどでもと思うかもしれません。
ですがそうでない方でダイエットがしたい、便秘でもないし便秘を治したいという方ではない方にはちょっと違うというか良くないと思います。
便秘でもないし健康なのに下剤作用のあるお茶をいっぱい飲むのは良いとは言えません。
それに下痢になるということですから危険と言われても仕方ないですね。

 

あとはどれくらい飲むのが良いのかしっかり書かれていない商品があったりするのでそれは困りますね。
下剤作用のあるお茶を飲むのであれば自分に適正な飲む量を考えないといけません。

 

もし下剤作用のある成分が嫌というのであればキャンドルブッシュなどが配合されていないダイエット茶を選ぶと良いと思います。
たとえばあじかん ごぼう茶などはどうでしょうか。
原材料名にはごぼう(茨城県産)としか書かれていないので他のものは使われていないのかなと思います。
ごぼうは食物繊維も豊富ですし、ごぼうの原産地もわかっているので安心して利用できるのではないでしょうか。

お茶の種類

プーアル茶

プーアル茶のカフェインとダイエット

ダイエットに良いとプーアル茶は人気です。プーアル茶とは、中国茶の一種で脂肪燃焼効果や脂肪吸収を阻害する効果、コレステロール値や血糖値を下げる効果などがあるとされており、痩せるためには有効なお茶とも言えるのです。
そのため、本場の中国では食事と一緒に飲むことが一般的です。

 

日本には無い独特な製法で作られており、緑茶を麹菌で半年から1?2年かけてじっくり発酵させて作られています。
この発酵する過程によってカフェインが減少して、麹菌の作用によって茶葉に含まれていたカテキンを脂肪を分解する成分に変化させます。
この変化によってリパーゼという酵素を活性化させて、脂肪を分解するのです。
また、含まれているポリフェノールが脂肪の吸収を抑制するため、食事前に飲むことで脂肪の吸収を阻害させて体に脂肪をつきにくくすることができるようになります。

 

ダイエットに効果的なプーアル茶の選び方としては、発酵がちゃんとされたものを選ぶことがおすすめです。
つまり発酵年数を得たものを選ぶと効果的です。
しかし、あくまでもプーアル茶はダイエットのサポートをしてくれるだけです。
飲めば痩せるというわけではないため、栄養バランスの取れた食事と適度な運動が痩せるためには大切です。

杜仲茶

妊婦さんがダイエットしたいときにおすすめの杜仲茶

妊婦さんは体重が増えやすいので、出産後に体型を崩したくないなら、ダイエットに気をつかわなくてはなりません。
しかし体のことを考えれば、無茶なダイエットは出来ないので、いつでも気軽に飲める杜仲茶を利用するようにしましょう。
杜仲は、およそ6千万年前から存在している植物で、その深緑の葉を採取して作られたものが、杜仲の茶葉になります。
この葉には、普段の食生活では摂取できないゲニポシド酸という健康成分が含まれていますが、血液中の脂質や内臓脂肪を燃焼させる働きがあるので、痩せやすい体に導くことが出来ます。
さらに高血圧や動脈硬化などの生活習慣病を防いだり、むくみを予防するデトックス効果もあるので、杜仲茶を定期的に飲むだけで、健康的に過ごせます。
それは脂肪分やカロリー、塩分がゼロなので、普段飲んでいるジュースなどの水分を、杜仲茶に置き換えるだけでダイエットが出来るので、妊婦さんにとって、これほど楽に痩せる方法はありません。
他のお茶に比べると薄味で、苦味がないことから飲みやすく、どんな食事にも合うことが魅力でもあるので、体重が気になる方は、普段の食事や、おやつタイムに飲むドリンクを、杜仲茶に切り替えることをおすすめします。

黒豆茶

芳香とコクのある味が特徴の黒豆茶

黒豆茶は焙煎してから淹れることで、香ばしい風味が際立ち、ダイエット中の食事を豊かにすることができます。
お茶として淹れたときの色彩は、紅茶の深紅色に近いものがありますが、この色素も健康を促進する要素になります。
この鮮やかな色はアントシアニン系の色素によって作られ、抗酸化作用があることが特徴になります。
食事と一緒に利用すれば、肌の若返りを促進して、新陳代謝も活発にさせます。

 

黒豆茶の芳香のおかげで、辛いダイエット中の気分も和らげることができますから、長く続けるための助けにもなります。
独特な芳香はコーヒーやほうじ茶と共通する良さがあり、親しみやすさも魅力となります。
香りだけでなく、豊かな旨みも特徴的であり、食事の美味しさを際立たせる働きもしてくれます。
脂っこい食事と一緒に飲む場合には、口の中を爽やかにさせるだけでなく、脂肪の吸収も穏やかになります。

 

ダイエット生活で黒豆茶を活用すれば、今までよりも楽に減量ができるようになり、体調も維持しやすくなります。
大豆由来の豊かな栄養は、美容や健康を支える要素になります。
健康茶ではありますが、普通のお茶として利用できる便利さがあり、味も絶品なのは大きな魅力です。

ごぼう茶

ごぼう茶とカフェインについて

健康茶を飲んで痩せるサポートにする女性は増えてきています。そんな健康茶のなかでも代表的な物がごぼうから抽出したごぼう茶が人気となってきています。
ごぼう茶とは、普段食材として使っているごぼうを煎ったものを熱水で抽出した物になります。このお茶には、腸で余分な脂質やコレステロールの分解、排泄を促すサポニン、体内の余分な水分を吸着して排出するイヌリン、リンやカリウムなどのミネラルが豊富に含まれており、利尿効果によってむくみを解消することができるなどの効果が期待することができます。
また、これらの栄養からダイエットをしている人に人気なだけではなく、ノンカフェインであるため妊婦や赤ちゃん、幼児でも安心して飲むことができるお茶です。
ダイエットとして飲む場合には、空腹時に飲んだり、食事のときに飲むなどするだけで成分が有効に働くようになります。作り方も簡単で、表面を洗ったごぼうをピーラーで剥いて、天日干しをしてフライパンで乾煎りするだけで完成します。
しかし、キク科の植物であるごぼうにアレルギーを持っていたり、副作用によって口の乾きやめまいがしてしまう、飲み過ぎると胃腸を壊してしまうこともあるため、飲み過ぎたりしないように注意が必要です。

緑茶

緑茶を飲んでいる方は太りにくい

毎日緑茶を飲んでいる方は、飲んでいない方よりも太りにくいです。
緑茶にはダイエットに役立つカテキンやカフェインを含んでいます。
脂肪をうまく燃やすために役立つ成分であり、食事の際に飲むのが一番です。

 

空腹時に飲むときは、少し薄めにするといいでしょう。
カフェインを含んでいるので、胃に刺激となることがあります。
胃がキリキリするようなら、少し濃いと考えていいでしょう。
また、夜寝る前には飲まないのが基本です。
カフェインの覚醒作用により、眠られなくなるからです。
夕食時に飲むときは、少し量を少なめにしてみるといいでしょう。
もちろん、濃くして飲んでも普通に眠られる方は、自由に飲んでかまいません。

 

ダイエットには多くの方法がありますが、成功できる方法は数少ないです。
苦痛を伴うような方法ほど失敗しやすく、手軽に続けられる方法ほど成功するのです。
緑茶を飲むダイエットのメリットは、飲むだけでいいことです。
他のお茶を飲んでいる方なら、そこから乗り換えればいいのです。

 

昼食後は眠たくなるので、濃い目の緑茶を飲むといいです。
カフェインが眠気を覚ましてくれますし、脂肪の燃焼にも効果的です。
昼食はボリュームが多くなりやすいので、トイレが近くならない程度に多めに飲んでおきましょう。

マテ茶

栄養豊富なマテ茶はダイエットに最適

スリムな体型を維持したい女性に人気のお茶といえば、南米で生産されているマテ茶なので、太り過ぎを気にしている方は利用するようにしましょう。
このお茶は、マテの葉や枝から作られるもので、代謝機能を高めたり、便秘を解消して、体の中の余分な老廃物を取り除けるので、ダイエット効果を期待できます。
マテ茶は、飲む野菜や飲むサラダなどともいわれていますが、その理由は必須栄養素のミネラル類である、亜鉛や鉄分、カルシウム、マグネシウムや、食物繊維などの栄養成分が豊富に含まれているからです。
ミネラルや食物繊維は普段の食事だけではなかなか摂取できませんが、それらがたっぷり入ったマテ茶を飲めば、野菜不足を解消することが出来ます。
断食や食事制限などのダイエットを行うと、どうしても野菜不足になりやすく、たとえ体重が落ちても、お肌ががさがさになったり、体調不良で倒れたりしやすくなりますが、野菜不足を補えば、そんな状態にはなりません。
普段の食事の一部を、マテ茶に置き換えるだけで、かなりのダイエット効果が期待できるので、体のあちこちについた脂肪が気になる方は試してみるようにしましょう。
ただし、いくらこのお茶で野菜不足が解消できても、必要以上にやり過ぎると、体調を崩しやすくなるので、連続では行わないようにしてください。

烏龍茶

烏龍茶でカロリーを抑えダイエット

昔の日本人は肉よりも魚や野菜を中心とした食生活が主流でしたが、現在は食の欧米化や経済事情に伴う労働環境やライフスタイルの変化によって肥満や肥満予備軍に該当する人が増えています。
そういう背景もあってダイエットに関する情報は世の中にたくさん存在し、食事制限や運動による方法が多数紹介されています。
厚生労働省からは男性女性ともそれぞれ1日の目安のカロリー摂取量が公開されていますが、自分に制限をかけることは辛いものです。
そんな中最近烏龍茶がダイエットに効果があるとして改めて注目されています。
烏龍茶には特有の成分であるウーロン茶重合ポリフェノールというものが豊富に含まれており抗菌・抗ウィルスの他、血圧上昇を抑えたりがん予防にも効果があるとも言われています。
又、脂肪分解酵素であるリパーゼの機能を抑制して脂肪の体への吸収を減らす働きを持っています。
つまり烏龍茶を食事の時に一緒に飲むだけで、飲まない場合よりカロリーを抑えることができるのです。
食事の量を減らすことは精神的にも辛いものがありますが、食事の摂取量を変えなくても体の中でカロリーを抑えてくれる烏龍茶はダイエットをしている人にとっては、非常にありがたい飲み物と言えます。

紅茶

紅茶ダイエットに向かない種類もあります

紅茶に含まれる栄養にダイエット効果があり、効果のある栄養成分はカフェイン、カテキンなどです。
カフェインは、コーヒーやお茶などに含まれいる眠気覚ましの印象が強いですが、脂肪燃焼を促進させる効果も期待できます。カフェインの摂取し過ぎは身体に良い影響はありませんが、脂肪燃焼は皮下脂肪を落とし痩せることが可能です。
カフェインといえばコーヒーですが、コーヒーで痩せる効果が期待できないのはカテキンが含まれていないからです。
紅茶にはカテキンが含まれていて、カテキンは体内で糖分を分解する作用があります。糖分はエネルギーとして身体には必要なものですが、余った糖分は体内で脂肪に変化して蓄積されるのです。このカテキンは、糖分を脂肪になる前に分解するので肥満を防ぎます。カテキンの糖分分解作用はダイエットには重要で、カフェインとカテキンで脂肪がつきにくく、リバウンド効果も期待できるのです。
ストレートティー、ミルクティー、マスカットティーなど色々種類がありますが、紅茶ダイエットに向いていない種類はミルクティーです。ミルクティーには牛乳を使用しますが、牛乳は種類によっては高脂肪で高カロリーな場合があります。また、市販されいてるペットボトルなども向いていません。市販品は大量の砂糖が使用されている可能性があるためです。
自分にあった紅茶を見つけて、美味しく楽しみながら痩せて綺麗な身体を手に入れたいものです。

ルイボス

利尿作用にすぐれダイエットにも効果的なルイボスティー

ルイボスティーが健康茶として注目されています。
南アフリカでは「奇跡のお茶」「不老長寿のお茶」と言われていたルイボスティーですが、特に女性には嬉しい健康効果があります。
カリウムを多く含むので、利尿作用があり体に溜まった余分な水分や老廃物を大体外へ排出させてくれるのです。
抗酸化作用もありますので、アンチエイジングにも役立ちます。
お腹の調子を整えてくれる効果もあるので、ダイエットの強い味方ともなってくれます。
ダイエット中は食事制限をすることも多く、ビタミンやミネラル不足に陥り気味です。
肌が荒れてしまうこともあります。
しかしルイボスティーを飲むことによって、不足したビタミンやミネラルを補ってくれて、利尿作用によりむくみを解消してくれ、お腹の調子も整えてくれて肌の状態も整えてくれる、まさにアフリカでの奇跡のお茶と言うよりも全世界の女性にとっての奇跡のお茶と言うべきなのかもしれません。
味もさっぱりとしていて、すっとしたような爽やかな感覚があります。
他のお茶のように苦味も少なく、どんな食事にもよく合います。温かくしても冷たくても美味しく、もちろんカフェインも含まれていません。
今飲んでいるお茶をルイボスに変えるだけで良いのですから、手軽です。

よく配合されている成分

ゴールデンキャンドル

ゴールデンキャンドルとデトックスとダイエット

ゴールデンキャンドルは、エステサロンで使用されている、プロ御用達とも言えるデトックスティーです。
強力な腸内環境リセット効果を持ちますから、本気にするダイエット茶としても人気を博しています。
インドネシアなど熱帯地域エリアに自生している、マメ科に分類される植物になります。
カッシア・アラタという学名も持っていて、中国名では対葉豆と言われます。
植物に含まれる下剤成分でもある、センノシドは、過剰摂取しないことも大切です。
1日に飲むと良い適量を守り、痩せたいがために飲みすぎないことは、守っていくことです。
飲みすぎた場合には、医薬品と変わらない程のセンノシドを摂取する可能性もあるため、推奨摂取量を守って飲み、健康的に痩せるために役立てるといいです。
煮出して飲むタイプもありますが、余りにも濃度が濃すぎると、強力な下剤作用も働くことがあります。
ゴールデンキャンドルは痩せたい時に利用する人が多いですから、飲む量も考えながら利用をしましょう。
濃度が濃い状態で飲む続けると、下痢だけではなく常用に過ぎて効かなくなることも考えられます。
ですから、パッケージ等の注意書きをよく読んで、ダイエットやデトックスにも利用することです。

サラシア

ダイエットに効果的なサラシア酵素の魅力

サラシアは主にインドやスリランカといった亜熱帯地域で古くから健康維持のために用いられており、現在ではメタボリックシンドロームやダイエットに効果的として注目を浴びている酵素でもあります。
サラシアの魅力は、その様々な効能にあります。
例えば、糖質の分解吸収作用を持つα-グルコシダーゼの働きを阻害することで、糖質の吸収を必要最小限に抑え、余分な糖が脂肪として蓄積されることを防ぐ効果があります。
それだけではなく、既に蓄積されてしまった体内脂肪の分解を促す働きがあるため、体の内側からダイエットをすることが可能なのです。
また便秘改善のためには腸内の善玉菌を増やすことが重要となりますが、サラシアはこの善玉菌を増やすために必要な栄養源になるため、腸内環境を整えて便秘解消につなげることも出来るのです。
腸内環境が整うと体内の毒素が排出されますので健康面だけではなく美容面にも大きな効果が出てきます。
それに加えて、サラシアにはシミやシワなどの発生を促す活性酸素を抑制する抗酸化成分が豊富に含まれていますので、継続して摂取することで美肌を手に入れることもできるのです。
このように大きなダイエット効果だけではなく、健康、美容にも高い効果を持つことが魅力なのです。

ショウガ

ダイエット後ショウガレシピで復活

ダイエットのおかげで体重が5キロ減りました。体重が減り洋服が似合うようになったり身体は軽くなってよかったのですが、体重が劇的に減ると寒く感じるということを初めて体験しました。
最初は体重が減った事が原因で寒く感じるとは思いもせず、今年の冬は寒いのかなぐらいに考えていました。
それを友達に言うと、「それは痩せたせいだよ。体重が減ると寒くなるのよ。」と指摘されました。
寒く感じるイコール冷え性が悪化していたのです。
手足がしびれるぐらい冷たくなって、パソコンのキーボードをうつのもままならないぐらいになってしまいました。
見かねた同僚がショウガ紅茶がいいよということでレシピを教えてくれました。
紅茶を作って、すりおろしたショウガを大さじ1、それにハチミツをこのみで入れる。
それを朝食時と午前中と午後のティータイム、そして寝る前に飲むようにしました。
最初の一ヶ月ぐらいは効果をかんじませんでしたが、だんだんじんわりと手足が冷たくなくなってきました。
それとともにお風呂に入って温めたのに布団の中に入る時には凍りのようになっていた足が、布団の中にはいらなくってもぽかぽかになってきました。ショウガ紅茶のおかげで今は冷え知らず。真冬以外は靴下不要です。

黒大豆

黒大豆の栄養はダイエットのためにも有効

栄養豊富な黒大豆は、ダイエットの食事においては中心的な役割をします。普通の大豆とは違って、表面にはアントシアニン系の色素が含まれるために、吸収すれば抗酸化作用が活発になります。この色素は小豆やブルーベリーと共通するものですから、美容を促進するためにも有益です。

 

黒大豆には万能的な栄養が含まれますが、ダイエットにとってはタンパク質が多いことが重要です。畑の肉と呼ばれるだけあって、アミノ酸スコアが非常に高く、良質なタンパク源としての利用価値があります。筋肉の源となり、基礎代謝を高めるためにも役立つため、毎日のように食べると効果的になります。エネルギー源として重要なビタミンB群も多いですから、運動効率を高めるためにも利用すると便利です。

 

黒大豆にはリン脂質の一種に分類されるレシチンも多いことで、記憶力を維持するためにも有効になります。通常の大豆と同様にカルシウムも多いため、骨を丈夫にさせるためにも使えます。ダイエット中の人にとってうれしいことは、大量の食物繊維が含まれていることです。黒大豆から食物繊維を摂取していれば、整腸作用が活発となり、便秘を予防しやすくなります。栄養が豊富でありながらも、脂肪分はとても少ないですから、肉よりも食べる量を増やすと健康的になります。

ハイビスカス

ハイビスカスティーの効果

健康志向が高まることによって食べるものに対しての関心度も比例して高まっていますが、その食べ物の中でも飲み物には特有の成分が含まれていることが多く健康志向の高まりによって栄養価のある飲み物の需要が伸びているのです。
その栄養価のある飲み物の中で、近年ではひとつの目的に対して効果のある飲み物を望む特化型が広まりを見せているのですがその中で注目されているのがダイエット茶としてのハイビスカスティーです。
ハイビスカスはハワイなど熱帯および亜熱帯性で一般的に見られる花の種類であり、現地ではハイビスカスのローゼルと呼ばれるフヨウ属に属している花だけを乾燥させてお湯で抽出して飲むことが一般です。
その味の特徴としては酸味とほのかな甘みのバランスがよい南国を感じる飲み物ですが、その酸味があることがダイエットに役に立つのです。
この酸味というのはビタミンやクエン酸がたっぷり含まれている為であり、現地では主に暑い季節の疲労回復効果を期待して飲まれているものです。
ダイエットに重要なのは体内の脂肪を燃やすための代謝を促進することですが、そのためには体内で栄養成分を循環させることが必要になります。
そこでハイビスカスに含まれているビタミンやクエン酸が体内に入ると、これらの栄養成分はすぐに体にとって効果のあるものではなく体の臓器が徐々に変換することで初めて効果を持ちます。
その徐々に変換する過程が代謝を促進するので脂肪燃焼の手助けとなるのです。

ローズヒップ

ローズヒップに含まれる成分には体脂肪を減らす効果があります

ローズヒップには健康効果や美白効果が期待できることで知られていますが、体脂肪を燃やすことでダイエット効果も期待できるのです。
含まれている栄養素は玄米の14倍のビタミンE,牛乳の8倍のカルシウム、ほうれん草の13倍の鉄分、レタスの9倍の食物繊維、さらにポリフェノールも含まれています。
ビタミンEにはアンチエイジングが期待できます。活性酸素を除去して身体が老化することを防ぐことができます。ビタミンEは、一度役割を果たすと活性をなくしますが、ビタミンCで再び抗酸化活動を始めることができ、ローズヒップにはビタミンEとCの両方が含まれているので最強のアンチエイジング効果が期待できます。
カルシウムは骨の生成に不可欠で、更年期以降の骨粗しょう症を防ぐことにも役立ちます。また骨の生成に欠かせない軟骨などにはコラーゲンが主原料になりますが、ビタミンCで形成されます。カルシウムとビタミンCが両方同時に摂取できることも魅力的です。
ダイエット効果があるのは、ローズヒップポリフェノールです。ポリフェノールが脳に働きかけ、運動しなくても体脂肪を燃やすことができ、年配や若い女性の多い隠れ肥満のダイエットに最適なのです。
痩せるだけではなく、健康のためにもローズヒップティーを飲むことで美肌と健康を維持することが期待できます。


ダイエット茶としても知名度のあるごぼう茶について紹介しています。