ノンカフェインのダイエット茶でおすすめは?比較して紹介

ダイエット茶の飲むならカフェインが入っていないお茶がいいという方も多いですね。
私もダイエット茶を飲むときはカフェインは少し意識するところです。

 

実際、ノンカフェインであることを売りにしているダイエット茶もたくさんありますが、そもそもカフェインは身体に悪影響なのでしょうか。
そもそもカフェインはどのような成分なのか、またノンカフェインのダイエット茶を選ぶメリットについて紹介します。

ノンカフェインのダイエット茶を選ぶメリットは!?

 

脂肪燃焼を助けたり、脂肪分や糖分をカットしてくれる働きがある茶葉にはカフェインが含まれたものが多いです。
緑茶や紅茶、ウーロン茶には、ダイエットに嬉しい成分が含まれていますが、カフェインも豊富に含まれています。
ダイエット茶の定番であるプーアール茶にも少なめですがカフェインが含まれています。
このようにカフェインを含むお茶はダイエット茶にも配合されていることが多いです。

 

ただ、ダイエットサポートの茶葉や植物はウーロン茶やプーアール茶以外にもそういったカフェインが含まれていないダイエット茶もたくさんあります。
実際、カフェインなしの茶葉などを選びブレンドしているノンカフェインのダイエット茶も女性に人気です。

 

なぜカフェイン入りでなくてノンカフェインが良いのか

 

ではここでなぜカフェイン入りは良くないと言われているのか、ノンカフェインが良いのか改めて説明していきたいと思います。

妊婦さんや授乳中の女性に選ばれる

ノンカフェインのダイエット茶は、カフェインを避けた方が良いとされる妊婦さんや授乳中の女性に選ばれています。
妊娠中や産後のダイエットに、ノンカフェインのダイエット茶を利用することが多かったりします。

 

ノンカフェインのダイエット茶は他にもメリットがあります。

寝る前にも気にせず飲める

それは、寝る前に飲んでも睡眠の質に影響しないということです。

 

カフェインには頭を興奮させて覚醒する作用があるので、寝る前には避けたい成分です。
ノンカフェインのダイエット茶なら、寝る前にも安心して飲むことができます。

 

鉄分不足で貧血などの症状の方にもおすすめ

またカフェインには鉄分の吸収を阻害する働きがあるのですが、ノンカフェインなら安心です。

 

ダイエット茶を食事と一緒に飲む人も多いですが、脂肪分や糖分の吸収と同時に鉄分の吸収まで抑えられてしまったら困りますね。
鉄分不足で貧血などの症状に悩まされている人はノンカフェインのダイエット茶の方がおすすめです。

 

まとめると

  • 妊婦さんや授乳中の女性
  • 寝る前にも気にせず飲みたい
  • 鉄分不足で貧血の方におすすめ

のような方におすすめということが言えると思います。

カフェインってどんな成分なの!?

 

緑茶やウーロン茶などに多く含まれているカフェインですが、やはりコーヒーに含まれている成分として有名ですね。

 

カフェインが含まれる有名なもの

  • コーヒー
  • 紅茶
  • 抹茶
  • ほうじ茶
  • ウーロン茶
  • 緑茶
  • 玄米茶

などがあります。

 

となみにカフェインという名前は、コーヒーに多く含まれていることからつけられたそうです。

 

カフェインはコーヒー豆やカカオ豆、茶葉に多く含まれている苦味のある成分で、昔は薬として重宝されていました。
抗炎症薬としてぜん息発作の予防に利用されたこともあるそうです。
カフェイン特有の味や効果でたくさんの食べ物や飲み物に含まれていますが、どのような効果が期待されるのか詳しく知らない方も多いかも知れませんね。
その効果で良く知られているのが「覚醒作用」でしょう。

 

カフェインを摂取すると、脳が活性化されて睡眠が抑制されてしまいます。
他にも脂肪燃焼を促したりむくみ予防と改善にも期待できる成分です。
カフェインを摂ると体内のエネルギーを熱として放出する働きがあります。
体内に余分な脂肪が蓄積されるのを減少してくれる効果が期待されています。

 

余分な水分を排出しむくみを予防、改善してくれる他、末梢の血管を拡張して身体を温める作用もあるので冷え性改善も期待できます。
カフェインには脂肪燃焼やむくみ予防、冷え性改善も期待できることから、カフェインを含む茶葉がダイエット茶にも広く配合されているのですね。

 

まとめると

  • 脳が活性化し睡眠抑制になる
  • 脂肪燃焼を促しむくみ予防にも基地あ
  • 体内のエネルギーを熱として放出する働きがある
  • 身体を温める作用、冷え性予防

などの効果が期待できます。

ノンカフェインのダイエット茶に含まれている成分は!?

 

ダイエットサポートが期待できる茶葉やハーブはたくさんあります。
ではノンカフェインのダイエット茶にはどのような成分が含まれているのでしょう。

 

まずノンカフェインのお茶としてあげるとするなら

 

  • ルイボスティー
  • 杜仲茶
  • なたまめ茶
  • どくだみ茶
  • タンポポ茶
  • コーン茶
  • ローズヒップティー
  • 黒豆茶
  • ごぼう茶

 

といったところでそれ以外にもいろいろあります。

 

ルイボスティーや杜仲茶、なたまめ茶、どくだみ茶やタンポポ茶、コーン茶、ローズヒップティーなどがブレンドされているお茶も多いです。

 

ルイボスティー
南アフリカに自生している植物で、ミネラルが豊富で強力な抗酸化作用を持っています。
強力な抗酸化作用は、アンチエイジングや美肌効果、さらに糖尿病予防にも役立ってくれます。
血液をサラサラにして生活習慣病の予防改善にも役立ちます。

 

杜仲茶
杜仲茶は中国でも健康茶として広く愛飲されているお茶で、体脂肪も効率よく分解してダイエットをサポートしてくれる働きがあります。
体内の余分な水分と塩分を排出してむくみを予防改善してくれる効果も期待できます。

 

なたまめ茶
なたまめ茶は、血行促進や口臭予防に効果があるほか、豊富に含まれているサポインの脂肪燃焼効果が期待出来ます。
むくみの予防改善や、豊富に含まれている食物繊維による便秘解消なども期待できます。

 

どくだみ茶
どくだみ茶は、解毒や殺菌などのデトックス効果や血行促進の効果が期待できます。
利尿作用や便秘解消の働きも期待できます。

 

タンポポ茶
タンポポ茶は、その味と風味がコーヒーに似ていることからカフェインが摂取できない妊婦さんなどに人気ですね。
ビタミンやミネラルも豊富に含まれています。

 

コーン茶
コーン茶はトウモロコシの実をお茶にしたもので、鉄分や水溶性食物繊維が豊富に含まれています。

 

ローズヒップティー
ローズヒップティーはその甘い香りが魅力のハーブティーで、ビタミンや鉄分、カルシウム、βカロリンやリコピンも豊富に含まれています。
ダイエットや美容効果が期待できる女性に人気のハーブティーです。

 

 

このようにノンカフェインでもデトックスやダイエット、美容に役立つお茶やハーブがたくさんあり、それらがバランスよくブレンドされているのですね。

 

ノンカフェインのダイエット茶なら、妊婦さんでも寝る前でも安心して飲むことができますね。
カフェインにもさまざまな効果が期待できるので、飲むシーンによって使い分けても良いですね。

おすすめのノンカフェインダイエット茶比較

調べてみるとノンカフェインのお茶はあるのですがダイエットという点でいうとなかなかいいお茶がないことがわかります。
実は結構少なかったりもします。

 

そこでカフェインが入っていないおすすめのダイエット茶を紹介したいと思います。

美甘麗茶

 

ダイエットというところを考えて作られているのかなというのもありますし、ダイエットをしている方には嬉しいポイントがいくつもあります。

 

まずカフェインゼロということがあります。
そして、カロリーゼロ、糖分ゼロ、糖質ゼロなんです。
これはダイエットをしている方には嬉しいポイントですね。

 

ダイエットのことを考えた7つの成分が使用されていて脂肪燃焼や脂肪の吸収を抑えるところや便秘という方にもおすすめです。

 

あとは糖分や糖質ゼロなのに甘味があって美味しいんです。
なので糖分を抑えないといけないけど甘いものが食べたい飲みたいという方には良いと思います。

 

通常価格 5,980円
定期コース 初回980円(税抜)
内容量 30包入
ねじめびわ茶

 

ねじめびわ茶はびわの葉を100%使用したお茶です。
びわの葉を使ったお茶はあまり聞いたことがないかもしれませんが様々な効果が期待されています。

 

まずこのねじめびわ茶が国立鹿児島大学と共同研究が行われていて様々な作用が発表されています。
その中でメタボリック症候群に大変有効な食品であると発表されています。

 

カフェインゼロに加え、さらに無添加、カロリーゼロというところでダイエットをしている方にもおすすめです。

 

独自製法で他のびわ茶にはない栄養が含まれていておすすめです。

 

通常価格 初回1,080円(税込)
内容量 31包入

ノンカフェリンでダイエット向けに作られているお茶が意外少ないということがわかりますした。
ノンカフェインでカロリーもゼロでということなどならとても嬉しいですね。