ダイエット茶の副作用は?キャンドルブッシュに注意

便秘解消系のダイエット茶には、キャンドルブッシュという植物が配合されています。
実はこのキャンドルブッシュが含まれたダイエット茶で副作用を訴える人が多くいます。
キャンドルブッシュとはどのような成分なのか、またどのような副作用が見られるのでしょうか。

キャンドルブッシュのダイエット茶で副作用が!

 

キャンドルブッシュが配合されたダイエット茶はたくさんあります。
食物繊維がたっぷりで身体の中からすっきりスリムになれるなどの謳い文句がホームページなどに記載されています。
また自然の植物で出来たお茶なので、下剤のようにお腹が痛くなったり下痢になったりしなくて安心といったことも紹介されています。

 

便秘で悩む女性はたくさんいますが、下剤を飲むとスッキリ出るものの腹痛や下痢になってしまうのが心配で利用していないという人も多いですね。
自然なお通じが期待できるとあればとても魅力的です。
そのような謳い文句に惹かれていざ試してみると、激しい下痢と腹痛が起こります。

 

キャンドルブッシュのダイエット茶で副作用を訴える人がたくさんいるのですが、主な症状は激しい下痢と腹痛です。
他に、吐き気や嘔吐、めまいなどを起こす人もいます。
さらに症状が悪化すれば、腸閉塞や低カリウム血症、虚血性大腸炎などが起こる人もいます。
国民生活センターにも、キャンドルブッシュのダイエット茶でこのような副作用が現れたという苦情がたくさん寄せられているのです。

 

植物であるキャンドルブッシュにこのような副作用が現れるのは、キャンドルブッシュの中にセンノシドと言われる下剤と同じ成分が入っているからです。
キャンドルブッシュの配合量は商品によっても異なりますが、1日の推奨摂取量を守らないで2杯から7杯くらい過剰に飲んでしまうと副作用が起こるようです。
過剰に飲むと医薬品の下剤と同じ量のセンノシドを摂取することになるのです。
センノシドは下剤成分として有名で、腸を刺激して便秘を解消する下剤成分です。
常用しては危険と言われるほどに強い効き目のある成分なのです。

 

キャンドルブッシュが含まれるダイエット茶には、下剤成分は入っていないので安心、植物だけで出来ているので安心、ということが強調されています。
しかし実際には下剤成分が含まれており、過剰に飲むと下痢になる危険が十分にあるということを知っておきましょう。

キャンドルブッシュってどんな成分なの!?

 

キャンドルブッシュは、別名カッシア・アラタやゴールデンキャンドルとも呼ばれており、ダイエット茶にはそちらの名前で紹介されていることもあります。
インドネシアやインドなどに自生しているマメ科の植物で、古くから便秘解消や皮膚病の改善、健康食品として幅広く利用されてきたハーブです。
キャンドルブッシュにはビタミンや、鉄、カルシウム、マグネシウム、カリウム、亜鉛といったミネラル、食物繊維が豊富に含まれています。
他に抗酸化作用に優れたポリフェノールの一種であるフラボノイドや、活性酸素を除去してくれるSODなども含まれています。

 

そして先ほども紹介した下剤作用のあるセンノシドも含まれています。
食薬区分では非医薬品に該当されており、センノシドの作用があるために多くのダイエット茶やデトックスティーに主成分として配合されています。
キャンドルブッシュはビタミンやミネラル、フラボノイドやSOD、食物繊維といった栄養素も豊富で、とても魅力的な植物です。
キャンドルブッシュ入りのダイエット茶では、そういったキャンドルブッシュのメリットが強調されています。
しかし、下剤成分でもあるセンノシドが含まれていることには触れられていません。
大量に飲めば下痢や腹痛になる恐れがあることを知っておきましょう。

キャンドルブッシュのダイエット茶を飲むときの注意点!

 

キャンドルブッシュに含まれている下剤成分のセンノシドは刺激性下剤ですから、常用すれば本来の腸の働きが低下してしまいます。
医薬品の刺激性下剤は、便秘解消を目的として一時的に使用するのが大前提となっています。

 

センノシドの働きで強制的に腸を刺激して排便を促しているのです。
常用していれば排便力が弱まり、便秘がさらに悪化するので注意が必要です。
センノシドなしでは排便できなくなる恐れが出てきます。

 

キャンドルブッシュ入りのダイエット茶やデトックスティーには、常用しても大丈夫、自然の力で出せるなどの、全く反対のことが書かれていることもあるので鵜呑みにしてはいけません。
日本で市販されているダイエット茶やデトックスティーの多くにキャンドルブッシュが配合されています。

 

長期間センノシドを飲み続けていれば、大腸が真っ黒になる大腸メラノーシスになると言われてます。
大腸メラノーシスになると腸全体の働きが低下して、さらに便秘も悪化して健康を損なうことになります。
妊婦さんがセンノシドを服用すれば、流産や早産の危険があると言われていますから、キャンドルブッシュが配合されたダイエット茶も非常に危険です。

 

キャンドルブッシュのダイエット茶を飲むのであれば、薄めのものを1日に2杯を限度にした方が良いでしょう。
下剤成分が入っていることとその危険性も理解した上で利用しましょう。

 

キャンドルブッシュ入りのダイエット茶は、確かにスッキリするという声も多いです。
しかし下痢や腹痛などの副作用を訴える声も多く、常用すれば腸の働きが低下することも知っておきましょう。