ダイエット茶で下痢をする原因はこれ|下痢をしないダイエット茶選び

手軽に飲むだけで痩せることができると言われる人気のダイエット茶ですが、飲むと下痢をしてしまうという声も多いです。
痩せることが目的なのにお腹が緩くなってしまっては困りますが、ダイエット茶で下痢をするのはどうしてなのでしょう。

 

ダイエット茶を飲んで下痢になっているわけですからダイエット茶に含まれている成分が原因の可能性が大きいことがわかります。

 

 

ずはりいうと
キャンドルブッシュやセンナなどで下剤と同じ成分が原因の可能性が高いです。
実際これらの成分の飲みすぎは注意しましょうと国民生活センターでも注意喚起されています。

 

飲んではいけないということではなくてあくまで飲みすぎないことです。
便秘だからといって容量を守らず多く飲みすぎるなどが原因で下痢になる可能性もあります。
もちろん普通に飲んでもお腹の状態は個人差があるので下痢になってしまう可能性もあります。
ですから下痢にならないように注意しながら飲むことも大切です。

 

ポイントはこちらです。

 

  • キャンドルブッシュなどの下剤成分が使用されていないものを選ぶ
  • 容量を守る
  • あまり濃く煮出さず、はじめは薄めに
  • 休日に試してみる

 

こういったところを注意して飲むのが良いのではないでしょうか。

 

便秘などで悩んでいる方はこういった成分が良いかもしれませんが、ダイエットということを目的なら別の商品でも良いですね。
燃焼系のお茶でいうと
ダイエットプーアール茶メタボメ茶なども良いと思います。

 

しっかり注意して飲むという方は桃花スリムモリモリスリムも人気ですね。

 

もっと詳しくという方は下を読んでみてください。

ダイエット茶で下痢!?どんな成分が入っているの!?

ダイエット茶ですが、さまざまなメーカーから発売されており中に入っている成分も実にさまざまです。
ダイエット茶を飲んで短期間で痩せることが出来た!という人も多いのですが、飲んだ人の中には副作用と見られる症状に困ってしまう人もいます。

 

ダイエット茶の副作用で多いのが下痢や腹痛の症状です。
他にもダイエット茶の種類によっては、腎臓や肝臓に影響して体調が悪くなる方もいます。

 

飲むだけで痩せられるほどの強い作用がある成分が入っているので、正しく飲まなかったり体質が合わなければ副作用が起こる可能性があるので注意が必要です。

 

ではダイエット茶にはどのような成分が入っているのでしょう。
ダイエット茶には、便秘解消が期待できる成分や糖質カットが期待できる成分、脂肪燃焼を促進する作用がある成分があります。
その他にも、冷え性やリラックス作用が期待できる成分などが入っています。

 

ダイエット茶でよく見かける成分にはキャンドルブッシュやサラシア、ルイボスティーやプーアール茶などがあります。
このキャンドルブッシュはカッシアアラタとも呼ばれており、食物繊維が豊富な薬草の一種です。
スッキリ効果に優れた成分として有名です。

 

サラシアは血糖値対策のサプリメントでも見かける成分で、糖質カットや腸内環境を整えたり、便秘解消などにも期待できるハーブです。

 

ルイボスティーはミネラルが豊富で、美肌やアンチエイジングにも最適な飲みやすいカフェインレスのお茶です。
ルイボスティーはダイエット茶を飲みやすくするためにブレンドされることが多いです。

 

プーアール茶は、脂肪燃焼効果で有名な黒い色をした発酵茶で飲むとスッキリとします。
揚げ物や中華料理などの油っこい食事との相性はばっちりです。

ダイエット茶には下痢をしやすい成分が!

このようにダイエット茶には、先ほど紹介した成分などがいろいろとブレンドされています。
下痢をしてしまいやすいダイエット茶には、やはり便秘解消の作用がある成分が含まれているものです。

 

キャンドルブッシュやセンナなどは特に強力なデトックス作用があるので、これらが含まれたダイエット茶を飲むと下痢や腹痛などを訴える人が多いようです。
これらの成分は、古くから下剤としても利用されてきたハーブです。

 

詳しくはこちらのダイエット茶の副作用は?キャンドルブッシュに注意で詳しく書いているのですが、キャンドルブッシュの中にセンノシドと言われる下剤と同じ成分が入っているからです。

 

これを飲みすぎると下痢になる可能性が高いということなんです。
少量なら問題ないでしょうが、どれくらいで下痢になるかは個人差があります。
ただ、キャンドルブッシュもビタミンやミネラルなど栄養もしっかり含まれているので飲みすぎはよくありません。

 

他にも老廃物を柔らかくしてくれる作用があるマグネシウムなどのミネラル成分が配合されたダイエット茶も、お腹が緩くなりやすいので注意が必要です。
ダイエット茶にこのように下痢をしやすい成分がなぜ配合されているのかと言えば、やはり便秘体質だと太りやすくなるからです。

 

便秘体質だと身体の巡りが悪くなり不要なものを溜め込みやすくなります。
そうなるとダイエット効果も下がりますから、便秘の人はまずは便秘から改善していくことが大切です。

下痢をしないように飲むためには・・

便秘がダイエットの大敵になるのだとしても、ダイエット茶を飲むたびにお腹が痛くなったり下痢になってしまうのでは困りますね。
便秘の心配はなくダイエットだけを目的に飲みたい人や下痢が心配な方は、先ほど紹介した下剤作用のある成分が含まれていない商品を選ぶのがおすすめです。

 

また容量をきちんと守ることも大切です。
ダイエット茶で下痢をしてしまう人の中には、早く効果を実感したいからと一度にたくさん飲む人もいるようです。
それでは下痢になっても当然です。
パッケージなどに記載された容量を守って飲めば下痢をしないかも知れません。
もちろん個人差があります。

 

ダイエット茶もサプリメントと同じで即効性を求めるのではなくて、こつこつと毎日飲むことで少しずつ体質を改善していくことが大切です。
あまり濃く煮出さないで、はじめは薄めの濃さから始めると良いでしょう。
薄めに煮出したお茶を、少しずつ体調を見ながら飲んでいけば安心です。
または休日などを利用して、万が一下痢になっても良い環境で始めるのもおすすめです。
仕事中や通勤途中などにお腹が痛くなっては大変ですから、心配な方は休日に試してみると良いでしょう。

 

ダイエット茶の中には、返金保証が設けられている商品もあります。
万が一体質に合わずに下痢を繰り返したり、味が美味しくなかったりして続けられないと思った人には商品代金を返してくれるという保証付きのダイエット茶もあります。
返金保証付きのダイエット茶なら安心して試すことができますね。

 

ダイエット茶で下痢をしてしまうのは、便秘解消に効果が期待される成分が含まれているからです。
体質やその時の体調によって下痢をしてしまうこともあるので、初めての方は薄めのお茶を少量から始めてみましょう。

 

下痢作用の可能性の少ないダイエット茶を選ぶ

キャンドルブッシュなどは下痢になる可能性があるのでそういった成分が配合されていないダイエット茶を選ぶことが大事です。

 

ダイエット茶は便秘解消系のものと脂肪燃焼系のものに分けられるかなと思います。
下痢などのことを考えると脂肪燃焼サポート系のダイエット茶を選ぶのが良いと思います。
たとえばプーアール茶などは重合カテキンやリパーゼが含まれていて脂肪吸収をブロックしたり燃焼サポートが期待できます。

 

運動と合わせるのも良いかと思います。