お茶の種類

プーアル茶

 

プーアル茶のカフェインとダイエット

ダイエットに良いとプーアル茶は人気です。プーアル茶とは、中国茶の一種で脂肪燃焼効果や脂肪吸収を阻害する効果、コレステロール値や血糖値を下げる効果などがあるとされており、痩せるためには有効なお茶とも言えるのです。
そのため、本場の中国では食事と一緒に飲むことが一般的です。

 

日本には無い独特な製法で作られており、緑茶を麹菌で半年から1?2年かけてじっくり発酵させて作られています。
この発酵する過程によってカフェインが減少して、麹菌の作用によって茶葉に含まれていたカテキンを脂肪を分解する成分に変化させます。
この変化によってリパーゼという酵素を活性化させて、脂肪を分解するのです。
また、含まれているポリフェノールが脂肪の吸収を抑制するため、食事前に飲むことで脂肪の吸収を阻害させて体に脂肪をつきにくくすることができるようになります。

 

ダイエットに効果的なプーアル茶の選び方としては、発酵がちゃんとされたものを選ぶことがおすすめです。
つまり発酵年数を得たものを選ぶと効果的です。
しかし、あくまでもプーアル茶はダイエットのサポートをしてくれるだけです。
飲めば痩せるというわけではないため、栄養バランスの取れた食事と適度な運動が痩せるためには大切です。

杜仲茶

 

妊婦さんがダイエットしたいときにおすすめの杜仲茶

妊婦さんは体重が増えやすいので、出産後に体型を崩したくないなら、ダイエットに気をつかわなくてはなりません。
しかし体のことを考えれば、無茶なダイエットは出来ないので、いつでも気軽に飲める杜仲茶を利用するようにしましょう。
杜仲は、およそ6千万年前から存在している植物で、その深緑の葉を採取して作られたものが、杜仲の茶葉になります。
この葉には、普段の食生活では摂取できないゲニポシド酸という健康成分が含まれていますが、血液中の脂質や内臓脂肪を燃焼させる働きがあるので、痩せやすい体に導くことが出来ます。
さらに高血圧や動脈硬化などの生活習慣病を防いだり、むくみを予防するデトックス効果もあるので、杜仲茶を定期的に飲むだけで、健康的に過ごせます。
それは脂肪分やカロリー、塩分がゼロなので、普段飲んでいるジュースなどの水分を、杜仲茶に置き換えるだけでダイエットが出来るので、妊婦さんにとって、これほど楽に痩せる方法はありません。
他のお茶に比べると薄味で、苦味がないことから飲みやすく、どんな食事にも合うことが魅力でもあるので、体重が気になる方は、普段の食事や、おやつタイムに飲むドリンクを、杜仲茶に切り替えることをおすすめします。

黒豆茶

 

芳香とコクのある味が特徴の黒豆茶

黒豆茶は焙煎してから淹れることで、香ばしい風味が際立ち、ダイエット中の食事を豊かにすることができます。
お茶として淹れたときの色彩は、紅茶の深紅色に近いものがありますが、この色素も健康を促進する要素になります。
この鮮やかな色はアントシアニン系の色素によって作られ、抗酸化作用があることが特徴になります。
食事と一緒に利用すれば、肌の若返りを促進して、新陳代謝も活発にさせます。

 

黒豆茶の芳香のおかげで、辛いダイエット中の気分も和らげることができますから、長く続けるための助けにもなります。
独特な芳香はコーヒーやほうじ茶と共通する良さがあり、親しみやすさも魅力となります。
香りだけでなく、豊かな旨みも特徴的であり、食事の美味しさを際立たせる働きもしてくれます。
脂っこい食事と一緒に飲む場合には、口の中を爽やかにさせるだけでなく、脂肪の吸収も穏やかになります。

 

ダイエット生活で黒豆茶を活用すれば、今までよりも楽に減量ができるようになり、体調も維持しやすくなります。
大豆由来の豊かな栄養は、美容や健康を支える要素になります。
健康茶ではありますが、普通のお茶として利用できる便利さがあり、味も絶品なのは大きな魅力です。

ごぼう茶

 

ごぼう茶とカフェインについて

健康茶を飲んで痩せるサポートにする女性は増えてきています。そんな健康茶のなかでも代表的な物がごぼうから抽出したごぼう茶が人気となってきています。
ごぼう茶とは、普段食材として使っているごぼうを煎ったものを熱水で抽出した物になります。このお茶には、腸で余分な脂質やコレステロールの分解、排泄を促すサポニン、体内の余分な水分を吸着して排出するイヌリン、リンやカリウムなどのミネラルが豊富に含まれており、利尿効果によってむくみを解消することができるなどの効果が期待することができます。
また、これらの栄養からダイエットをしている人に人気なだけではなく、ノンカフェインであるため妊婦や赤ちゃん、幼児でも安心して飲むことができるお茶です。
ダイエットとして飲む場合には、空腹時に飲んだり、食事のときに飲むなどするだけで成分が有効に働くようになります。作り方も簡単で、表面を洗ったごぼうをピーラーで剥いて、天日干しをしてフライパンで乾煎りするだけで完成します。
しかし、キク科の植物であるごぼうにアレルギーを持っていたり、副作用によって口の乾きやめまいがしてしまう、飲み過ぎると胃腸を壊してしまうこともあるため、飲み過ぎたりしないように注意が必要です。

緑茶

 

緑茶を飲んでいる方は太りにくい

毎日緑茶を飲んでいる方は、飲んでいない方よりも太りにくいです。
緑茶にはダイエットに役立つカテキンやカフェインを含んでいます。
脂肪をうまく燃やすために役立つ成分であり、食事の際に飲むのが一番です。

 

空腹時に飲むときは、少し薄めにするといいでしょう。
カフェインを含んでいるので、胃に刺激となることがあります。
胃がキリキリするようなら、少し濃いと考えていいでしょう。
また、夜寝る前には飲まないのが基本です。
カフェインの覚醒作用により、眠られなくなるからです。
夕食時に飲むときは、少し量を少なめにしてみるといいでしょう。
もちろん、濃くして飲んでも普通に眠られる方は、自由に飲んでかまいません。

 

ダイエットには多くの方法がありますが、成功できる方法は数少ないです。
苦痛を伴うような方法ほど失敗しやすく、手軽に続けられる方法ほど成功するのです。
緑茶を飲むダイエットのメリットは、飲むだけでいいことです。
他のお茶を飲んでいる方なら、そこから乗り換えればいいのです。

 

昼食後は眠たくなるので、濃い目の緑茶を飲むといいです。
カフェインが眠気を覚ましてくれますし、脂肪の燃焼にも効果的です。
昼食はボリュームが多くなりやすいので、トイレが近くならない程度に多めに飲んでおきましょう。

マテ茶

 

栄養豊富なマテ茶はダイエットに最適

スリムな体型を維持したい女性に人気のお茶といえば、南米で生産されているマテ茶なので、太り過ぎを気にしている方は利用するようにしましょう。
このお茶は、マテの葉や枝から作られるもので、代謝機能を高めたり、便秘を解消して、体の中の余分な老廃物を取り除けるので、ダイエット効果を期待できます。
マテ茶は、飲む野菜や飲むサラダなどともいわれていますが、その理由は必須栄養素のミネラル類である、亜鉛や鉄分、カルシウム、マグネシウムや、食物繊維などの栄養成分が豊富に含まれているからです。
ミネラルや食物繊維は普段の食事だけではなかなか摂取できませんが、それらがたっぷり入ったマテ茶を飲めば、野菜不足を解消することが出来ます。
断食や食事制限などのダイエットを行うと、どうしても野菜不足になりやすく、たとえ体重が落ちても、お肌ががさがさになったり、体調不良で倒れたりしやすくなりますが、野菜不足を補えば、そんな状態にはなりません。
普段の食事の一部を、マテ茶に置き換えるだけで、かなりのダイエット効果が期待できるので、体のあちこちについた脂肪が気になる方は試してみるようにしましょう。
ただし、いくらこのお茶で野菜不足が解消できても、必要以上にやり過ぎると、体調を崩しやすくなるので、連続では行わないようにしてください。

烏龍茶

 

烏龍茶でカロリーを抑えダイエット

昔の日本人は肉よりも魚や野菜を中心とした食生活が主流でしたが、現在は食の欧米化や経済事情に伴う労働環境やライフスタイルの変化によって肥満や肥満予備軍に該当する人が増えています。
そういう背景もあってダイエットに関する情報は世の中にたくさん存在し、食事制限や運動による方法が多数紹介されています。
厚生労働省からは男性女性ともそれぞれ1日の目安のカロリー摂取量が公開されていますが、自分に制限をかけることは辛いものです。
そんな中最近烏龍茶がダイエットに効果があるとして改めて注目されています。
烏龍茶には特有の成分であるウーロン茶重合ポリフェノールというものが豊富に含まれており抗菌・抗ウィルスの他、血圧上昇を抑えたりがん予防にも効果があるとも言われています。
又、脂肪分解酵素であるリパーゼの機能を抑制して脂肪の体への吸収を減らす働きを持っています。
つまり烏龍茶を食事の時に一緒に飲むだけで、飲まない場合よりカロリーを抑えることができるのです。
食事の量を減らすことは精神的にも辛いものがありますが、食事の摂取量を変えなくても体の中でカロリーを抑えてくれる烏龍茶はダイエットをしている人にとっては、非常にありがたい飲み物と言えます。

紅茶

 

紅茶ダイエットに向かない種類もあります

紅茶に含まれる栄養にダイエット効果があり、効果のある栄養成分はカフェイン、カテキンなどです。
カフェインは、コーヒーやお茶などに含まれいる眠気覚ましの印象が強いですが、脂肪燃焼を促進させる効果も期待できます。カフェインの摂取し過ぎは身体に良い影響はありませんが、脂肪燃焼は皮下脂肪を落とし痩せることが可能です。
カフェインといえばコーヒーですが、コーヒーで痩せる効果が期待できないのはカテキンが含まれていないからです。
紅茶にはカテキンが含まれていて、カテキンは体内で糖分を分解する作用があります。糖分はエネルギーとして身体には必要なものですが、余った糖分は体内で脂肪に変化して蓄積されるのです。このカテキンは、糖分を脂肪になる前に分解するので肥満を防ぎます。カテキンの糖分分解作用はダイエットには重要で、カフェインとカテキンで脂肪がつきにくく、リバウンド効果も期待できるのです。
ストレートティー、ミルクティー、マスカットティーなど色々種類がありますが、紅茶ダイエットに向いていない種類はミルクティーです。ミルクティーには牛乳を使用しますが、牛乳は種類によっては高脂肪で高カロリーな場合があります。また、市販されいてるペットボトルなども向いていません。市販品は大量の砂糖が使用されている可能性があるためです。
自分にあった紅茶を見つけて、美味しく楽しみながら痩せて綺麗な身体を手に入れたいものです。

ルイボス

 

利尿作用にすぐれダイエットにも効果的なルイボスティー

ルイボスティーが健康茶として注目されています。
南アフリカでは「奇跡のお茶」「不老長寿のお茶」と言われていたルイボスティーですが、特に女性には嬉しい健康効果があります。
カリウムを多く含むので、利尿作用があり体に溜まった余分な水分や老廃物を大体外へ排出させてくれるのです。
抗酸化作用もありますので、アンチエイジングにも役立ちます。
お腹の調子を整えてくれる効果もあるので、ダイエットの強い味方ともなってくれます。
ダイエット中は食事制限をすることも多く、ビタミンやミネラル不足に陥り気味です。
肌が荒れてしまうこともあります。
しかしルイボスティーを飲むことによって、不足したビタミンやミネラルを補ってくれて、利尿作用によりむくみを解消してくれ、お腹の調子も整えてくれて肌の状態も整えてくれる、まさにアフリカでの奇跡のお茶と言うよりも全世界の女性にとっての奇跡のお茶と言うべきなのかもしれません。
味もさっぱりとしていて、すっとしたような爽やかな感覚があります。
他のお茶のように苦味も少なく、どんな食事にもよく合います。温かくしても冷たくても美味しく、もちろんカフェインも含まれていません。
今飲んでいるお茶をルイボスに変えるだけで良いのですから、手軽です。