よく配合されている成分

ゴールデンキャンドル

ゴールデンキャンドルとデトックスとダイエット

ゴールデンキャンドルは、エステサロンで使用されている、プロ御用達とも言えるデトックスティーです。
強力な腸内環境リセット効果を持ちますから、本気にするダイエット茶としても人気を博しています。
インドネシアなど熱帯地域エリアに自生している、マメ科に分類される植物になります。
カッシア・アラタという学名も持っていて、中国名では対葉豆と言われます。
植物に含まれる下剤成分でもある、センノシドは、過剰摂取しないことも大切です。
1日に飲むと良い適量を守り、痩せたいがために飲みすぎないことは、守っていくことです。
飲みすぎた場合には、医薬品と変わらない程のセンノシドを摂取する可能性もあるため、推奨摂取量を守って飲み、健康的に痩せるために役立てるといいです。
煮出して飲むタイプもありますが、余りにも濃度が濃すぎると、強力な下剤作用も働くことがあります。
ゴールデンキャンドルは痩せたい時に利用する人が多いですから、飲む量も考えながら利用をしましょう。
濃度が濃い状態で飲む続けると、下痢だけではなく常用に過ぎて効かなくなることも考えられます。
ですから、パッケージ等の注意書きをよく読んで、ダイエットやデトックスにも利用することです。

サラシア

ダイエットに効果的なサラシア酵素の魅力

サラシアは主にインドやスリランカといった亜熱帯地域で古くから健康維持のために用いられており、現在ではメタボリックシンドロームやダイエットに効果的として注目を浴びている酵素でもあります。
サラシアの魅力は、その様々な効能にあります。
例えば、糖質の分解吸収作用を持つα-グルコシダーゼの働きを阻害することで、糖質の吸収を必要最小限に抑え、余分な糖が脂肪として蓄積されることを防ぐ効果があります。
それだけではなく、既に蓄積されてしまった体内脂肪の分解を促す働きがあるため、体の内側からダイエットをすることが可能なのです。
また便秘改善のためには腸内の善玉菌を増やすことが重要となりますが、サラシアはこの善玉菌を増やすために必要な栄養源になるため、腸内環境を整えて便秘解消につなげることも出来るのです。
腸内環境が整うと体内の毒素が排出されますので健康面だけではなく美容面にも大きな効果が出てきます。
それに加えて、サラシアにはシミやシワなどの発生を促す活性酸素を抑制する抗酸化成分が豊富に含まれていますので、継続して摂取することで美肌を手に入れることもできるのです。
このように大きなダイエット効果だけではなく、健康、美容にも高い効果を持つことが魅力なのです。

ショウガ

ダイエット後ショウガレシピで復活

ダイエットのおかげで体重が5キロ減りました。体重が減り洋服が似合うようになったり身体は軽くなってよかったのですが、体重が劇的に減ると寒く感じるということを初めて体験しました。
最初は体重が減った事が原因で寒く感じるとは思いもせず、今年の冬は寒いのかなぐらいに考えていました。
それを友達に言うと、「それは痩せたせいだよ。体重が減ると寒くなるのよ。」と指摘されました。
寒く感じるイコール冷え性が悪化していたのです。
手足がしびれるぐらい冷たくなって、パソコンのキーボードをうつのもままならないぐらいになってしまいました。
見かねた同僚がショウガ紅茶がいいよということでレシピを教えてくれました。
紅茶を作って、すりおろしたショウガを大さじ1、それにハチミツをこのみで入れる。
それを朝食時と午前中と午後のティータイム、そして寝る前に飲むようにしました。
最初の一ヶ月ぐらいは効果をかんじませんでしたが、だんだんじんわりと手足が冷たくなくなってきました。
それとともにお風呂に入って温めたのに布団の中に入る時には凍りのようになっていた足が、布団の中にはいらなくってもぽかぽかになってきました。ショウガ紅茶のおかげで今は冷え知らず。真冬以外は靴下不要です。

黒大豆

黒大豆の栄養はダイエットのためにも有効

栄養豊富な黒大豆は、ダイエットの食事においては中心的な役割をします。普通の大豆とは違って、表面にはアントシアニン系の色素が含まれるために、吸収すれば抗酸化作用が活発になります。この色素は小豆やブルーベリーと共通するものですから、美容を促進するためにも有益です。

 

黒大豆には万能的な栄養が含まれますが、ダイエットにとってはタンパク質が多いことが重要です。畑の肉と呼ばれるだけあって、アミノ酸スコアが非常に高く、良質なタンパク源としての利用価値があります。筋肉の源となり、基礎代謝を高めるためにも役立つため、毎日のように食べると効果的になります。エネルギー源として重要なビタミンB群も多いですから、運動効率を高めるためにも利用すると便利です。

 

黒大豆にはリン脂質の一種に分類されるレシチンも多いことで、記憶力を維持するためにも有効になります。通常の大豆と同様にカルシウムも多いため、骨を丈夫にさせるためにも使えます。ダイエット中の人にとってうれしいことは、大量の食物繊維が含まれていることです。黒大豆から食物繊維を摂取していれば、整腸作用が活発となり、便秘を予防しやすくなります。栄養が豊富でありながらも、脂肪分はとても少ないですから、肉よりも食べる量を増やすと健康的になります。

ハイビスカス

ハイビスカスティーの効果

健康志向が高まることによって食べるものに対しての関心度も比例して高まっていますが、その食べ物の中でも飲み物には特有の成分が含まれていることが多く健康志向の高まりによって栄養価のある飲み物の需要が伸びているのです。
その栄養価のある飲み物の中で、近年ではひとつの目的に対して効果のある飲み物を望む特化型が広まりを見せているのですがその中で注目されているのがダイエット茶としてのハイビスカスティーです。
ハイビスカスはハワイなど熱帯および亜熱帯性で一般的に見られる花の種類であり、現地ではハイビスカスのローゼルと呼ばれるフヨウ属に属している花だけを乾燥させてお湯で抽出して飲むことが一般です。
その味の特徴としては酸味とほのかな甘みのバランスがよい南国を感じる飲み物ですが、その酸味があることがダイエットに役に立つのです。
この酸味というのはビタミンやクエン酸がたっぷり含まれている為であり、現地では主に暑い季節の疲労回復効果を期待して飲まれているものです。
ダイエットに重要なのは体内の脂肪を燃やすための代謝を促進することですが、そのためには体内で栄養成分を循環させることが必要になります。
そこでハイビスカスに含まれているビタミンやクエン酸が体内に入ると、これらの栄養成分はすぐに体にとって効果のあるものではなく体の臓器が徐々に変換することで初めて効果を持ちます。
その徐々に変換する過程が代謝を促進するので脂肪燃焼の手助けとなるのです。

ローズヒップ

ローズヒップに含まれる成分には体脂肪を減らす効果があります

ローズヒップには健康効果や美白効果が期待できることで知られていますが、体脂肪を燃やすことでダイエット効果も期待できるのです。
含まれている栄養素は玄米の14倍のビタミンE,牛乳の8倍のカルシウム、ほうれん草の13倍の鉄分、レタスの9倍の食物繊維、さらにポリフェノールも含まれています。
ビタミンEにはアンチエイジングが期待できます。活性酸素を除去して身体が老化することを防ぐことができます。ビタミンEは、一度役割を果たすと活性をなくしますが、ビタミンCで再び抗酸化活動を始めることができ、ローズヒップにはビタミンEとCの両方が含まれているので最強のアンチエイジング効果が期待できます。
カルシウムは骨の生成に不可欠で、更年期以降の骨粗しょう症を防ぐことにも役立ちます。また骨の生成に欠かせない軟骨などにはコラーゲンが主原料になりますが、ビタミンCで形成されます。カルシウムとビタミンCが両方同時に摂取できることも魅力的です。
ダイエット効果があるのは、ローズヒップポリフェノールです。ポリフェノールが脳に働きかけ、運動しなくても体脂肪を燃やすことができ、年配や若い女性の多い隠れ肥満のダイエットに最適なのです。
痩せるだけではなく、健康のためにもローズヒップティーを飲むことで美肌と健康を維持することが期待できます。